ニキビ跡とニキビ痕はどちらが正解?経験90日でレベチな副業ライターになる方法

ライター

レベチ・・。

「レベルが違う」の意味ですが、とても心地よい表現の言葉だと思います。

誰もがレベチと呼ばれたいわけですが、副業元年と言われる令和時代にあっては、副業でもレベチを目指すべきです。

Webライターを副業としてスタートしようとしている人も、謙遜の意味で「初心者」と言いたくなるものですが、一切禁止にしましょう。

取引する上ではマイナスでしかありません。
報酬を出すほうの立場になればわかることです。

今回は副業ライターがいち早く初心者を脱出し、経験90日でレベチな副業ライターになる方法についてシェアしたいと思います。

「初心者」ではなく「未経験」と自覚せよ

副業でライターを始めるにあたっては、求人案件を見る機会が多くなります。

初心者向けの案件も多いのですが、やはり単価は安いことに気付くはずです。

ただし注意すべきは、クライアントが求人募集する際の文言です。
条件に「未経験者歓迎」などと書かれていたりしますが、初心者を歓迎しているわけではありません。

未経験者と初心者は違いますが、同じとは言い切れない面もあります。

副業ライターは、まず案件を取らなければ始まりません。
未経験者歓迎と記してある案件には、積極的に応募してみると良いです。

広告

テストライティングには積極的に取り組む

クライアントによっては、人員の選考にテストライティングを課す場合があります。

デビュー間もない時期は練習兼執筆能力を知る手段として、積極的に受けてください。
テストライティングでも報酬を支払ってくれるクライアントもいます。

無償でテストライティングを受けることはNGです。
プロのWebライターとしての自覚を促すために、無報酬での労働は控えましょう。

自分の労働力をタダを提供する義理も無いため、少しでも報酬が発生するテストライティングを受けるべきです。
報酬が発生すればWebライターとしての実績になるメリットもあります。

ニキビ跡とニキビ痕の違いなどを理解する

Webライター業と言えど、執筆した記事が公開されるわけですから、正しく日本語を使用しなければなりません。

例えば、ニキビ跡とニキビ痕の違いなどです。

  • 〇 ニキビ痕
  • × ニキビ跡

「痕」は人体などに残るものを指し、「跡」は物事が行なわれたことを意味します。

クライアントによっては厳しいレギュレーションの下で編集作業が行われています。
当然、レギュレーションに則って執筆するのはWebライターとして最低限のマナーです。

仮にレギュレーションがやさしい場合でも、

  • 誤字・脱字
  • 用法の誤り
  • 勘違い
  • 意味の履き違え

など、執筆能力のベース部分が欠けているとクライアントの信頼を得ることが難しいでしょう。

広告

ライティングのコスパを考える

Webライターとして、月に稼ぎたい金額の目標があれば、

  • 単価
  • 文字数

の管理は少なくとも必要です。

少ない時間の中で目標を達成するためには、同じ文字数なら高単価の案件を狙うべき。
当然、ライバルも多いわけですが、実績を重ねていけば案件を選べることもWebライターのメリットです。

コスパは常に頭に入れておきましょう。

まとめ

Webライターは簡単であるかのようにネット上などでは伝えられています。

簡単というのは仕事のことではありません。
準備や参入障壁のことです。

準備に必要なのはパソコンだけですし、キーボードを叩いて文字入力ができれば、いつでもスタートできます。

しかしクライアントの信頼を得たり、スキルアップや執筆ジャンル対応範囲を広げて、仕事を続けられるかどうかは別問題。

努力は報酬に直結しますので、デビューして90日後には目標を達成することも難しくはありません。

参考になったらシェアしてくださいね!