高血圧の数値はどれくらい?何科を受診?高血圧の原因や症状、予防・対策、食事について

高血圧の数値とはどれくらいからを指すのでしょうか?また、健康診断で血圧が高めと言われた場合、何科を受診すればいいのでしょう?高血圧の原因や症状、予防や対策、食事の面での注意点などについてまとめました。高血圧予備軍も、健康な方もぜひ一度目を通して、高血圧に備えてください。

高血圧とは?数値はどれくらい?

まず、高血圧とはどういった状態を指すかというと、安静時の血圧が慢性的に高い状態のことを「高血圧」といいます。

血圧は計測し、数値で表すことができるわけですが、高血圧はこの数値が上が140、下が90以上の状態(自宅で測る場合は、上が135、下が85以上)を指します。

高血圧は血管を通る血液の圧力が増すということですが、そうなることで血管に負担がかかり、血管内部が傷つきやすくなります。そして血管が破れないよう、血管の壁が分厚くなることで血管自体が固くなり、それがやがて動脈硬化を起こす原因となります。

広告

高血圧の症状

高血圧が厄介な点は、多少血圧が高くなっても自覚症状がほぼない点です。そのため、健康診断で血圧が高めの結果が出たとしても、自覚症状がないために放置してしまいがちです。

この時点で気を付けて、改善を試みれば良いのですが、更に血圧が上がり、体に症状が現れ始めたとしても、意外と放置されてしまうものです。

というのも、血圧がかなり高くなった場合に現れる症状は、

  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり

といったものだからです。

このような症状は高血圧でなくとも起こるものなので、高血圧と結びつけて考える人が少ないのがその理由です。

高血圧になる原因

では、高血圧になる原因としては、どのようなものが考えられるでしょうか。

その原因としては、

  • 肥満
  • 塩分の摂り過ぎ
  • ストレス
  • 喫煙

などが主なものとなります。

これらはいわゆる「生活習慣」なので、高血圧も生活習慣病などと呼ばれています。

まれに遺伝等により高血圧だと言う方もいますが、確かに遺伝的に高血圧になりやすい体質という方もいます。ただ、これはなりやすい体質を持っていると言うだけで、普段から生活を気をつければ高血圧にはなりません。

反対に、そういう体質が遺伝的に自分にはあると認識することで、「生活習慣をきちんとしよう」と上手に活用してください。

また、加齢により血管は誰しも徐々に弱ってきます。いわゆる血管年齢というやつですね。

ただし、健康的な生活を行うことで、この血管年齢を若く保つことはできます。反対に、血管年齢が上がってしまうと、血管が厚くなり弾力性がなくなり固くなってしまうと、なかなかもとには戻せません。

いつまでも元気でい続けたいと思うのであれば、血管年齢を上げないようにする、この努力を怠らないことです。

広告

高血圧にならないための対策

高血圧にならないように、すなわち血管年齢を上げないようにするための対策をご紹介します。

それは大きく次の7つになります。

  • 減塩を心掛ける
  • 外食を控える
  • 肥満の解消(標準体重を維持)
  • 節酒(1日缶ビール1本程度に。休肝日も作る)
  • 喫煙をやめる
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない

まず、タバコは辞めることです。なかなかひとりで禁煙できない人は、禁煙外来をおすすめします。

外食は味が濃い物が多いです。また、つい出された量は食べきらないと悪いと思い、完食し食べ過ぎてしまいます。

食べ過ぎることはコレステロールの摂取量を増やすので肥満につながるうえ、塩分の摂取量も増やしてしまいます。減塩食を適度な量自炊して食べれば一石二鳥です。

適度な運動は、別にジムなどに通わずとも、週末にある程度の距離を散歩するというものでも十分です。体を動かすと、ストレスも解消され、これまた一石二鳥です。

お酒は缶ビール1本程度なら、無理に辞める必要はありませんので、上手に気晴らしに使ってください。

高血圧は何科を受診する?

健康診断で高血圧気味との結果が出た場合、何科を受診すればよいのでしょうか。

高血圧の診察、内科か、もしくは循環器科です。

いきなり循環器科は行き慣れないと思いますので、まずは内科で良いと思います。

総合病院など循環器科のある病院であれば、はじめに内科を受信し、結果によっては循環器科に回されると思います。

循環器科は主に血液の流れに関する臓器を診察する科になります。

高血圧の食事

高血圧の人は食事にも大きな原因があるケースが多いです。次のことに注意して食事を摂るようにしましょう。

  • 減塩を心掛ける
  • 野菜や果物(ミネラル)の積極的な摂取
  • 魚の積極的な摂取
  • タンパク質の積極摂取
  • 外食・加工食品を極力避ける
  • ラーメンのスープを飲み干さない
  • 漬物をたくさん食べない
  • 食べすぎない
  • お酒を飲みすぎない

もしも、食べすぎてしまったなと思ったら、その後の食事を控えたり、水を沢山飲み体を動かすなどしましょう。

完璧は難しいですから、何かで相殺するような動きをすれば、多少の失敗はリカバリーできます。

まとめ

5月17日は「血圧の日」だったということで、今回は高血圧について少しまとめておきました。

歳を取ると血管年齢もあがり、誰もが高血圧気味になっていきます。いつまでも血管年齢を若く保つのが、高血圧予防の秘訣となります。

そして血管を衰えさせるのは日々の習慣です。いきなり血管年齢が上がるわけではありません。

習慣はすぐに変えるのが難しいです。習慣は簡単なものだと18日程度で、難しいものだと254日も掛かると言われています。

まずは簡単に習慣化できそうなものから、ひとつずつ変えていくようトライしてみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!