【高速道路渋滞予測2021/2022】東日本と西日本で渋滞MAXを検知するアプリ紹介

年末年始に帰省や家族旅行のため、自動車を運転して目的地に行く場合、やはり気になるのは高速道路の渋滞状況や予測情報です。

最近では、カーナビが標準装備の自動車も出てきているので、情報は簡単に取れるようになっています。

またETCカードを車載しているならば、同様に高速道路の渋滞情報が入手可能です。

最もな安全策としては、同乗者にスマホアプリから高速道路の渋滞情報をリアルタイムで耳に入れるのがよろしいかと。

カーナビをチラ見しながらの運転に不安を覚えるドライバーもいるでしょう。

現実としてマルチタスクは出来ないとの認識が広まってるわけですからね。

そこで今回は、高速道路渋滞予測における東日本と西日本で最も渋滞が長い場所、そして回避や対策などをシェアします。

高速道路渋滞予測の事前チェックに便利なサイト

高速道路の渋滞予測については、コロナ禍とあって情報提供を休止しているサイトもありますが、

日本道路交通情報センター:JARTIC

道路: 渋滞情報 – 国土交通省

などが安定して情報提供しています。

広告

高速道路が渋滞MAXになる時期を予想

今年の年末年始の休みは、

12月29(水)から1月3日(月)まで

6連休が一般的と想定しています。

ただし冬休みは、7日(金)までで、翌週火曜日である11日から新学期というケースが考えられます。

ちなみに2022年1月10日は成人の日ですので、翌日が新学期というわけです。

つまりは渋滞MAXは、

  • 下り:12月29(水),12月30(木)
  • 上り:1月2日(日)

と想定しています。

高速道路渋滞予測におすすめなスマホアプリの選び方

高速道路渋滞予測のスマホアプリをインストールしたい場合、選び方が肝心です。

ポイントは、

  • 情報が正確(情報提供元もマトモ)
  • 音声ナビがある
  • 無料

この3つです。

情報が正確なのは言わずもがなですが、情報提供元は「知った名前」「公共性ある運営元」かどうかをチェックしましょう。

音声ナビがあれば、画面を見なくても済みますので、運転に集中できます。

カーナビは子どもがテレビに夢中というときに、この音声ナビゲート機能が役立ちます。

最後はやっぱりコスト。

無料で使えると良いですね。
公告が出ないアプリがベストです。

広告

高速道路渋滞予測のスマホアプリ厳選3つ

前述の条件を踏まえて、3つ選びました。

  1. Yahoo!カーナビ
  2. auカーナビ
  3. ドラぷら

ただし「ドラぷら」は東日本高速道路のためのアプリであり、今現在は、コロナ禍のめた高速道路渋滞予測の情報提供をNEXCO東日本は休止しています。

ゆえにアプリが機能するかどうか・・・。
しかも、あまり評判が良くないので、Yahoo!カーナビを推しておきます。

まとめ

高速道路の渋滞予測は見ておきたいもの。

2021/2022の年末年始で東日本と西日本の渋滞MAXを検知するアプリのインストールも忘れずに。

カーナビが子ども用にテレビを受信しているときは、スマホがカーナビ変わりになるよう音声ナビ付きアプリがおすすめです。

参考になったらシェアしてくださいね!