【熟語解説】消費と費消ではまるで意味が違う!使い方のシチュエーションと例文

日本語は難しい・・・。

小学校から大学、そして社会人として過ごしてきたにも関わらず、まだまだ知らない言葉がたくさんあります。

最近知った言葉は「費消(ひしょう)」です。

飛翔でも卑小でもない、消費をひっくり返した熟語を始めてみた時は、シンプルに誤表記だと思いました。

そこで今回は、この「費消」を中心に熟語について語ってみたい思います。

「費消」とは

まずメインディッシュの「費消(ひしょう)」についての解説です。

コトバンクによれば、

金銭や物品などを使い果たすこと。あるものを全部費し無くしてしまうこと。消費。

と書かれていました。

さらに調べていくと、用途としては主に法人に向けた言葉とのことでした。

広告

消費と費消の違い

簡潔に言えば、

  • 個人 = 消費
  • 法人 = 費消

という認識で良かろうかと思います。

確かに「費消者金融」とは言いません。

では、どういった時に「費消」が使われるのでしょうか。

費消を使った文例

文例はさすがに思い付きませんでしたので、これも調べたところ、

  • 保険代理店が保険料を費消
  • 代理店による費消事故の件
  • 私的に費消流用

など、金融関係において、あまりプラスではない出来事で使われるケースが多い印象です。

その他、費消率なる言葉もありますので説明しましょう。

広告

費消率とは

月ごとに日々の進捗や行動を確認することに使用されます。

例えば、営業店舗においては、「当日営業日÷当月営業日」で、求められるものです。

営業日消化率とも言いまして、2021年10月をモデルにすると営業日(平日)は21日間ですから、2021年10月8日の時点では6営業日目となります。

前述の計算式に当てはめると費消率(営業日消化率)は28.6%です。

費消率については、月内で達成すべき業務を100とした場合に、現時点で達成しておくべき割合の目安として利用できます。

仮に100人の顧客と商談する目標を掲げた場合、30人ならば順調、20人なら少々ピンチという判断が可能となるわけです。

これは営業店舗だけに関わらず、あらゆる場面で進捗状況を見える化できます。

費消の類語

ついでに類語を紹介すると、

  • 無駄遣い
  • 無駄使い
  • 散財
  • 使い尽くす
  • 使い果たす
  • 支出
  • 出費

などが該当しました。

これらは至ってスタンダードに使用されている言葉です。

まとめ

消費と費消の違いについて調べたことをシェアしてみました。

まるで意味が違いましたね。

使い方のシチュエーションや例文も挙げていますので、良かったら使ってみて・・・って恐らく普段使いは無いと思います。

不祥事にこそふさわしい熟語のような(汗)

参考情報

費消率計算が簡単にできるサイトがあります。

費消率計算

参考になったらシェアしてくださいね!