ホットサンドメーカーでライスバーガーを作る!簡単レシピと人気ホットサンドメーカー

ライスバーガー

モスバーガーやマクドナルドなどで人気のライス系のバーガー。

バンズよりしっとりもっちりで、たまに食べたくなるんですよね。
挟むのはハンバーグよりも肉系がベストと思うのは私だけではないはずです。

自宅で出来ることならチャレンジしたいのですが、なんとホットサンドメーカーで作れると言うことがわかりました。

そこで、普段は料理を全くしない人でも手軽に作れるライスバーガーの簡単レシピを紹介したいと思います。

ホットサンドメーカーでライスバーガーを作る材料

まず材料は、

  • ごはん(白米もしくは玄米をお好みで) 200g ←1人前です
  • 片栗粉 小さじ1杯半
  • サラダ油
  • レンチンのハンバーグまたはお弁当用のミニハンバーグ

ぐらいで良いでしょう。

ちなみに「ごはん」は、白米と玄米のブレンドや雑穀米でも構わないので、食べたいごはんを用意してください。

ブランドにこだわるのなら、ササニシキでもコシヒカリでもあきたこまちでも問題なしです。

具については、ハンバーグでなくても良いです。
きんぴらごぼうや焼肉、豚の生姜焼きにベーコンを付けても美味しいと思います。

広告

ホットサンドメーカーでライスバーガーを作るレシピ

作り方です。

予熱している間に、ごはんを片栗粉を混ぜ合わせます。
炊き立てがベストですが、冷凍ご飯なら温めてから混ぜ合わせます。

ホットサンドメーカーに油をひいてごはんを広げます
しゃもじで用意したごはんの半分程度を置いた後、濡らしたスプーンで整えましょう。

好みの具をのせて、追加でごはんを被せます。
ごはんは多いかなというぐらいが丁度良いです。

直火式なら香ばしい香りがするまで焼きます。
強火だと焦げるので、中火ぐらいだとホクホクに焼き上がります。
電気式の場合は、説明書を読んで時間を火加減を調節してください。

ホットサンドメーカーでライスバーガーを作るポイント

ハンバーガーをはさむならチーズは必須。
スライスチーズでも良いですし、ピザなどに使うナチュラルチーズでも良いです。

ビクルスはライスバーガーにはどうかなあ(汗)
これはお好みで。

広告

ホットサンドメーカーの種類と人気商品

ホットサンドメーカーがなければ始まらないライスバーガー。
ちょっとしたホットサンドメーカー情報を、ここで紹介しておきます。

ホットサンドメーカーの種類は「直火式」と「電気式」があります。
直火式はコンロやIHヒーターに直接置いて焼き上げます。
電気式は電気でプレートを発熱して焼き上げます。

キャンプやバーベキュー好きなら直火式を、自宅で楽しむのなら電気式がおすすめです。

直火式の焼き上がりの形は1種類のみですが、電気式だといろいろな形状に仕上げることができます。
子どもには電気式が受けると思います。

ホットサンドメーカーの人気メーカー

直火式はバウルーが鉄板でしょうか。
お手頃価格ならアイリスオーヤマの「具だくさんホットサンドメーカー」です。

電気式は種類が豊富なので絞り切れませんが、強いて挙げるとなれば、ワッフルも焼けるビタントニオ「ワッフル&ホットサンドベーカー」はおすすめのひとつです。

ディズニー好きならドウシシャTSH-701D一択でしょう。
ミッキーの焼き目が付くのでぜひ。

まとめ

ライスバーガーをホットサンドメーカーで作るレシピと人気のホットサンドメーカーを紹介しました。

なぜ、ホットサンドメーカーが気になったかと言えば、普通のホットプレートでライスバーガーが作れなかったからです。
当たり前ですけどね。

ライスバーガーを手軽に安く食べるには、ホットサンドメーカーがベストです。

参考になったらシェアしてくださいね!