マイホーム検討中の方は必見!住宅優遇税制・補助金・助成金を一気にまとめてみた

毎日のように新築の戸建てやマンションのチラシが投函されています。

住宅業界はコロナ禍でも不況知らず、ということではなく、コロナ禍において住宅ローン減税などの特例の期限が延長になっていることが要因としては大きいのかもしれません。

地域内にも高層マンションが建設中で景気が良さそうな面と飲食店が苦労している面が共存しているのが現実です。

しかし、ある意味ではマイホーム購入のチャンスかもしれないので、検討中の方に向けて、住宅優遇税制・補助金・助成金についてシェアしたいと思います。

なお、現時点(2021.9.1)での情報なので、ご注意ください。

住宅ローン減税

住宅ローン減税の13年延長の特例措置が延長されています。

特例の内容は、

  • 13年間で最大500万円+増税2%分還元

です。

ただし契約期限は2021年9月30日つまり今月末までになっています。

入居期限も2022年12月31日となっているので、スケジュールには気を付けて欲しいです。

広告

すまい給付金

住宅を購入した場合に、年収に応じた給付が、最大50万円まで受けられるというものです。

ただし年収775万円以下という制限があります。
また入居期限が2021年12月31日ですので要注意を。

また、入居期限については、以下の期間、

  • 注文住宅の新築:R2年10月1日-R3年9月30日
  • 分譲住宅の取得:R2年12月1日-R3年11月30日

に契約すると2022年12月31日まで1年間の延長になります。

贈与税の非課税枠

住宅の購入において、親または祖父母からの資金援助があった場合、一定額まで贈与税が非課税になります。

最大で1,500万円です。

契約期間が2021年12月31日までの購入者が対象になります。

広告

グリーン住宅ポイント制度

住宅一戸ありた1ポイント1円相当のレートで、最大100万ポイントが付与されます。

付与されたポイントは、いろいろな商品や追加工事に交換可能です。

契約期間が2021年10月31日までの購入者が対象になります。
ただしZEHとの併用はできません。

ZEH補助金制度

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、住宅がZEHの場合に補助金が交付される制度です。

公募性で現時点(2021.9.1)では、三次公募の真っ最中。

  • ZEH(三次公募:2021年8月30日-2021年9月24日)
    定額60万円+蓄電システム補助

入居期限は2022年2月3日が条件です。

まとめ

挙げた情報以外にも、お得な制度や住宅会社独自のキャンペーンもチェックしてみてください。

住宅優遇税制・補助金・助成金などを有効活用してマイホームをゲットしましょう。

関連情報

すまい給付金

グリーン住宅ポイント制度

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について-資源エネルギー庁

参考になったらシェアしてくださいね!