旧車の洗車は現代車とは異なる?洗車機に掛けちゃ駄目?注意すべき旧車の洗車方法について

旧車の洗車は現代車を洗車する方法とは少し異なります。同じ感じでガシガシ磨くと、逆に塗面はボロボロに。そしてサビは進行し、あっという間に車が傷んでしまいます。では、旧車を洗車するときには、どのようなことに注意をすれば良いのでしょうか。洗車機にかけては駄目なの?必要な洗車道具といった、ちょっとしたワンポイント、これをやったら絶対に駄目といったことなども含め、ご紹介していきます。!

旧車の洗車は現代車と違う

旧車は現代車と全く異なります。車というカテゴリーが同じだけで、ロックとクラシックくらいに違います。

また、車=便利な道具と思ったいたら、旧車の場合は大間違いです。車が自分の生活をラクにするのではなく、我々が車のお世話をするのです。

一言でいうと、「年老いたペットの世話」に近いです。

旧車はいわゆる車としては、あまり役に立ちません(笑)。そして、そこには愛がないと成り立ちません。

長年連れ添った犬が年を老いたときも、あなたは献身的に世話をしますよね?それと同じです。旧車乗りには愛が必要なんです。

広告

洗車機に掛けちゃ駄目!

旧車はガソリンスタンドにあるようなコイン洗車機に掛けちゃ駄目です。

なぜなら、窓ガラスやドアのウェザーストリップが弱っていたり、ボディの精度が悪かったりで、車内やトランクなど、あちこちに水が入ってしまうからです。

またボディの細かな隙間から水が奥に侵入してしまうと、いつまでも水が抜けず、そこがサビ発生の原因を生んでしまいます。

なので、洗車のときはホースでちょろちょろと、圧をあまり掛けずに濡らす程度でいきましょう。

中には一切水を使わずに洗車するという人もいますが、コレクションのように雨の日や汚れた場所では乗らないという人は別として、やはり車は汚れますので、洗車前にはやはり水をかけるしかありません。

旧車の洗車の仕方

そっとホースで水を掛け、ほこりをざっと落としたら、次はバケツにカーシャンプを垂らし、水厚揚げ目でバケツの中をアワアワにします。

そうやって泡をたっぷりにしたら、きれいな柔らかいスポンジで屋根やボンネットフェンダーなどを軽く洗っていきます。泡で優しく汚れを落とすイメージです。

そのあとは、ホースの水でまた泡を流します。この泡は洗剤なので、充分に流してください。

そして、柔らかなタオルなどで水気を拭き取ります。その後に出来れば、軽く町内を一回り走ってきてください。そうすると振動で奥に入った水が流れ出ます。

その後、丁寧にワックスを掛けていきます。このときコンパクンドが入ったワックスを使うと塗装が剥がれますので、コンパウンドが入ってないタイプのワックスを選ぶようにしましょう。

広告

ボディコーティングはしない方がいい

よく新車を購入したときにボディコーティングをしたりしますよね。

長いあいだ車がピカピカ・艶々な状態を保つために施すものですが、旧車にはあれはやらないほうが良いです。

何故かというと、ボディコーティングは、コーティングで保護する前に塗装をすごく細かなコンパウンドで磨き、超なめらかにします。それによりツヤ感を出し、その上にコーティング剤を塗布して、撥水効果をかけているのです。

つまり、コーティングする前に、ボディの磨きが発生するわけですが、旧車のボディは既にクリアも薄く、また、経年変化で塗装もだいぶ薄くなっています。

なので、研磨すると、あっという間に下地が出ます(笑)。

レストアして、その際にぶ厚く塗料を塗ったというのであれば、大丈夫かもしれませんが、そもそも旧車は微妙な色加減もアジのひとつなので、現代車と同じ塗料でクリアたっぷりに塗ってしまうと雰囲気が損なわれます。

むしろクリア薄めで、徐々にやれていく感じを楽しみたいところです。エイジングという言葉がありますが、まさにそういったイメージです。

新しい車はエイジングするとただのボロ車になりますが、旧車にはそれがアジとなるデザイン上の素性を備えているのです。

まとめ

旧車は、手で洗車することさえも楽しみの1つです。洗車機でガーッとやりたいなんて言うめんどくさがりな人には、旧車の維持は難しいでしょう。

そして、旧車を洗車すると、如何にボディラインがなめらかで美しいかを実感します。洗車をするということは何度もボディを撫でることなので、より深く車の造形を知ることができるのです。

そんな日々を重ねることで、より深く愛着が湧いてくるわけです。

参考になったらシェアしてくださいね!