【転職・求人のトレンド】HR領域が増加中!そもそもHRって何のこと?仕事の中身とは?

転職や求人系の情報をチェックすると、最近は「HR」という言葉がやたらと目立っています。

HRとは何なのでしょうか。

今回のテーマは HR に関しての言葉の意味や関連サービスについてシェアしたいと思います。

HRとは人的資源のこと

HRとは人的資源の英訳である「Human Resource」から、頭文字をとって表現している用語です。

転職や求人にやいては、人材を資源として会社に活かすための方策や実務の経験者や専門知識を有する人を指すようになりました。

企業では、

  1. ヒト
  2. モノ
  3. カネ
  4. 情報

を経営資源として事業が営まれます。

その中で「ヒト」に関する事業領域を「HR関連」「HR業界」などと呼び、特にHR領域におけるテクノロジー系のサービスである「HRtech(エイチアールテック)」が注目されています。

広告

HR業界と人材業界の違い

明確な定義はありませんが、一般論としては、

  • 人材業界:採用に関することが主な内容
  • HR業界:採用を含めた人的資源全般に関することが主な内容

を指します。

つまりHRの中には採用と人事も含まれると考えると良いでしょう。

また役職名についても人的資源の最高責任者を「CHRO(Chief Human Resource Officer)」とするケースもあります。

HR業界のジャンル

HR業界では具体的に、どのようなジャンルがあるのかをお伝えします。

  1. 採用
  2. 配置・異動
  3. 評価・人事
  4. 育成・研修
  5. 組織開発
  6. 労務・福利厚生
  7. 人事戦略

全体像を示すならば、上記の7つのジャンルになります。

特に「採用」が中心となっているのが「人材業界」となり、転職や求人に代表される事業を指します。

採用は人的資源の有効活用のファーストステップですから、短期間で退職されると困ることが容易に想像できるはずです。

人事戦略においては、他のジャンルを企業経営の観点から包括的に最適化することが求められる分野です。

広告

HRtech(HRテック)とは

人材とテクノロジーは結びつかないイメージがあると思いますが、今後、伸びていく市場でもあります。

HR領域の課題をAIなどのテクノロジーを用いて解決するサービスを、HRtechと呼んでいます。

HRテックのサービスには、例えば、優秀な従業員の傾向と応募者を擦り合わせてミスマッチを予防するという、適性の判断をサポートするものがあります。

面接、履歴書、職務経歴書では知り得ることが難しい、価値観や性格さらにはスキルレベルが発見できるメリットが特徴です。

参考:無料から使える適性検査『Talent Analytics(タレントアナリティクス)』

まとめ

転職や求人のトレンドはHR領域です。

まさしく領域展開して市場が拡大しています。

参考になったらシェアしてくださいね!