人間ドックを初めて受診したいときの病院の選び方!何を基準に選べばよい?

人間ドックには興味があるけれども、どういった基準で病院を選べばよいのか、わからないことがありまんか?

ネット検索して、口コミやおすすめ記事などから判断して選ぶことが想定されますが、はたしてその方法は合理的なのか非常に疑問です。

初めての人間ドックだと、なおさら病院の選び方で迷うことになります。

そこで今回は、人間ドックの受診のために病院を選ぶ際は、どういったポイントを掴んでおけば良いのかについて調べてみましたので、シェアしたいと思います。

まずサービスとは何か

一般的なサービスの認識として、

  • タダで何か貰える
  • 無料でいろいろやってもらえる
  • 割引や値引きがある

といった、いわゆる「クレクレ君」を満足させる内容だと考えていれば、それは間違いです。

戦略上、フリーミアムを採用しているだけですが、残念ながら勘違いしている人は、まだまだ多い印象です。

例えばサービスが悪い、と愚痴やクレームを発生させる人のほとんどは、自分に都合の良い状況にならなかったことから、不満を訴えているだけと言えます。

理由を聞けば建設的でない事も特徴。

さらには、

「おれは客だ」

なんて大して売上に貢献していない人ほど、そのように振る舞う傾向があります。

あくまでサービスとは、金銭との等価交換で提供されるもですから、高品質なサービスほど高額なわけです。

広告

人間ドックのサービスとは

さて人間ドックにおけるサービスとは、どういったものになるでしょう。

具体的には、

  • 検査の実施
  • 検査結果の提供
  • 異常時のフォロー

ではないでしょうか。

さらに付随して、

  • コースの種類
  • 検査費用の明確さ
  • 病院との連携

なども考慮に入れることが必要かと感じます。

日本人間ドック学会においては、

  1. 必要な検査が行われている
  2. 検査は安全で正確である
  3. 医師から健診結果の説明がある
  4. 必要に応じて保健指導(生活のアドバイス)がある
  5. 「受けて終わり」ではない、受けた後のフォローがある

という5つのポイントを掲げています。

参照:いい人間ドックとは | e人間ドック~いい人間ドックを選ぼう~

特に肝心なのは、「異常時のフォロー」です。

人間ドックを実施しているのは、

  • 病院・クリニック
  • 検査センター

などですが、病院併設の人間ドックだと、すぐに適切な治療への移行が期待できます。

かなりのメリットです。

併設でなくても、連携や提携などによって、必要な医療サービスをスムーズに受けられる体制かどうか、チェックすることが重要だと感じます。

機能評価認定施設を選ぶ

もう選び方がわからなければ、日本人間ドック学会が審査した「機能評価認定施設」から選ぶと良いでしょう。

全国に約400施設(2022.1月現在)あります。

こちらのページで探すことができるので、活用してください。

認定施設 | e人間ドック~いい人間ドックを選ぼう~

広告

まとめ

「人間ドックを初めて受診したいときの病院の選び方!何を基準に選べばよい?」というテーマで、人間ドックの選び方の基準などについて調べたことをシェアしました。

初めての人間ドックは不安なものです。

費用面もそうですが、半日、1日、2日などコースもあるなかで、どれが適切なのか素人では判断が難しいのが現実です。

仕事をしながらの人間ドックでは、やはり半日コースが受け入れやすいのではないでしょうか。

会社を休んでまで人間ドックに入るということは、余程の事情があるのだと察します。

コロナ禍の中で、ますます人間ドックの受診はやりにくいですが、コロナが落ち着いた時には、この記事が参考になれば幸いです。

参考になったらシェアしてくださいね!