ヒアルロン酸注射で四十肩や五十肩が痛い悩みから解放!効果の期間は?保険適用は?

四十肩 五十肩

40代に突入すると、男性は徐々に健康不安が出てきます。
例えば運動不足による生活習慣病、筋力や体力の低下、老眼にメタボ、ハゲ、加齢臭と不安要素を挙げるとキリがありません。

その中でも、突然、肩が一定以上の高さに上げることができなくなる四十肩や五十肩など、肩関節や肩回りの筋肉の異変、痛みはつらいものがあります。

湿布を貼って治るなら良いですが、回復力が衰えているのか、湿布程度ではどうにもならないことが多いのも40代以降の特徴です。
肩が痛いと日常生活に差支えることもあるため、即効性ある対処法を知りたいと思っている人は多いでしょう。

そこで今回は、肩が痛いと悩んでいる方のために、ヒアルロン酸注射をメインに情報共有したいと思います。

ヒアルロン酸注射、それ自体も痛いかも・・。

四十肩や五十肩について

一般的には40代が肩が上がらないと四十肩、50代なら五十肩と言われがちですが、これは諸説のひとつです。

定期的に通っている整骨院の先生いわく、四十や五十は肩が上がる限界、痛いときの腕の角度を指しているという意味も含まれているとのことでした。

腕を横に伸ばした状態が角度ゼロ、耳の横に付けると90度というように、角度から名前がついているという説です。
したがって40代でも五十肩の人はいますし、50代で四十肩の人もいることになりますが、本質は角度ではありません。

肩が痛い症状が問題の本質であり、主な原因は肩の関節にある「腱板」という組織の炎症です。
医学的には「肩関節周囲炎」と言います。

ともかく、日常のふとした動作で痛いと感じるのが特徴です。

広告

ヒアルロン酸注射で肩が痛い症状を癒す

肩が痛いと整形外科、整体院、整骨院で治療してもらうことが一般的です。
それでも治らないケースも多いと聞きます。

20年来の付き合いがある同級生が、まさに四十肩を発症して、相当に苦しんでいました。
あいにく整体院での手技による治療が効果的で、痛みは無くなったそうですが、整形外科に通院していた時は、ヒアルロン酸注射を提案されたとのことでした。

肩関節周囲炎が進行すると、日常生活での動作で痛みが増したり、動かせる範囲が狭くなり、さらには夜間の痛みが生じて寝られなくなることもあるのです。
ここまでのレベルになると自然治癒は望めません。

そこで痛み止めとヒアルロン酸を注射して改善される方法が提案されます。

ヒアルロン酸注射が肩にどんな効果があるのか

ヒアルロン酸と言えば、ほうれい線を目立たなくする美容液の成分をイメージします。

そんなヒアルロン酸が、四十肩や五十肩の痛い症状の改善に効果が期待できるのは、関節内部を満たしている関節液の主成分だからです。

関節部分のヒアルロン酸が減少すれば骨と骨の間に弾力性がなくなり痛みが出ます。
そこにヒアルロン酸を補充すると痛みの改善効果が期待できるわけです。

広告

ヒアルロン酸注射の効果が期待される期間

ヒアルロン酸注射には即効性があります。
打った直後は何も変化はなくても、2~3日以降は好転することが多いです。

ただし、ヒアルロン酸注射のデメリットは、1回では済まないこと。
一般的な注射回数は5回です。
1週間に1度が治療のペースになります。

さらに、効果は持続するとは言えないのもヒアルロン酸注射の痛いところ。
決断は慎重にすべきです。
通院の負担も大きいので、決断する場合は、通院が可能な病院を探しましょう。

ヒアルロン酸注射の費用

四十肩と五十肩の場合のヒアルロン酸注射は保険適用されるので、費用については負担が重すぎることはありません。

病院にもよりますが、注射1本あたりの費用の相場は、ネット上でクリニックなどをチェックしたところ1,000円~5,000円前後と幅があるため、しっかりと確認するようにしましょう。

美容目的のヒアルロン酸注射は保険適用外のため、結構な費用負担となることを書き添えておきます。

まとめ

ヒアルロン酸注射で四十肩や五十肩が痛いという悩みから解放されるのか、疑問があった方の参考になれば幸いです。

注射の回数と効果の期間が短いことがデメリットではありますが、即効性はあります。
一度、失われた肩関節内のヒアルロン酸は、自然に満たされることはありませんので、注射で補充して改善を図ることになります。

痛くてたまらない場合は、注射とリハビリ、ストレッチなどを組み合わせて改善していく方法をクリニックでは提案されますので、長い目で取り組むことが求められます。

四十肩や五十肩へのヒアルロン酸注射は保険適用です。

クリニックへ相談を。

参考になったらシェアしてくださいね!