熱中症予防の水分補給は水以外のお茶や麦茶ではだめ?水分補給のタイミングや1日に飲む量について

夏の熱中症予防には水分補給が大事だということはわかっているのですが、水以外のお茶や麦茶で水分補給してはだめなのでしょうか?水分補給に適した飲み物・適さない飲み物や、飲むタイミングや1日に飲む量などについてお伝えします。大人と子供・高齢者とでは、飲み方も変わってきますので、体の違いによる適した飲み方もこの機会によく理解しておいてください。

熱中対策時に飲むべき水分について

今年も例年以上に暑い日が続いています。

エアコンなどで室温を下げ、熱中症対策をされているとは思いますが、室温だけでなく水分補給も忘れずに行いたいところです。

そんな熱中症対策時に摂るべき水分ですが、水以外のものでも水分補給の意味を果たすのでしょうか。

これについて調べたところ、水分補給には水やノンカフェィンのお茶、麦茶が適しているとのことです。

また、スポーツなどで汗をかいたときは、水やお茶よりもスポーツドリンクがおすすめです。

広告

経口補水液はいつ飲むもの?

水分補給に経口補水液が良いと思われている方もいるようですが、経口補水液は日常的に飲むものではないようです。

脱水症になった時に飲むのが経口補水液です。

なので、普段は水やお茶を飲み、少し汗をかいたりした時にはスポーツドリンクを。

この2段階が基本で、ちょっと熱中症気味だな、脱水症状気味だなというときに、経口補水液を飲むようにしましょう。

お腹を壊して下痢をしたときも、体は脱水状態になりますので、経口補水液で水分を補給するのは良いことです。

ただし、冷たいと腸を刺激してしまい、再び下痢を誘発しかねませんので、経口補水液は室温程度にし、一気に飲まずにゆっくり飲むことをおすすめします。

というわけで、いざという時のためにも、経口補水液は常備しておきたいところですね。

水分補給に適さない飲み物

では反対に、水分補給に適さない飲み物とは何でしょうか。

まずは、アルコールです。アルコールは利尿作用があるので、水分補給には適しません。

また糖分や塩分を多く含む飲み物も、水分補給には適しません。

糖は肝臓に、塩分は腎臓に負担をかけるため、体が疲れてしまうからです。

では、炭酸飲料はどうかというと、糖分が含まれないものであれば、適度に飲むのは胃腸も刺激され食欲が湧いて良いとのこと。

コーヒーなどのカフェインを含む飲み物はというと、カフェインも利尿作用があるので、水分補給としての飲み物には適していません。

広告

水分補給のタイミン分

1日のうちで水分補給を行うのに適した時間というのはあるのでしょうか。

まず飲むべき時間は起床時です。寝ている間に汗をかいているので、確実に水分が奪われています。朝起きたら、まず水を飲むようにしましょう

同様に、就寝時に水分が奪われることを想定し、寝る前にも少量の水を摂って寝るようにしましょう。

寝る前にあまり多くの水を飲んでしまうと、途中でトイレに行きたくなってしまい睡眠の質を下げてしまうのでは?そう考えがちですが、むしろ途中でトイレに起きて、その際にまた水を少し飲むくらいのほうが、熱中症対策になるそうです。

加えて、入浴の前後にも軽く水を飲むと良いようです。入浴時にも発汗により水分が出ていくので、入浴後に水分補給をします。

入浴前に水を飲むことで発汗作用を高め、老廃物を汗とともに排出する作用を高めます。

1日に摂るべき水分量

1日にどれくらい水分を摂るべきですが、その前に知っておいてほしいことが、「喉が渇いたと感じた時には、すでに脱水状態気味にある」ということです。

なので、喉が渇いたと思いながらも我慢するようなことは、危険ですので絶対にやめてください。

1日に飲む水分量の目安は、だいたい1200~1500ミリリットルです。

1回に120~150ミリリットル程度飲むとすると、1日に10回飲む程度と覚えておくと良いでしょう。

ただし子供の場合は少し飲み方が異なります。

子供は体に水分をためておく機能がまだ未発達な状態にあります。なので、コップ1杯の量の水を1日に10回飲むのではなく、20-30分に一度に少しずつ、回数を多くして水分を摂るようにしましょう。

また、高齢になると喉が渇いたことに気づきにくくなりますので、自分が脱水状態にあることになかなか気づけません。

なので、夏場はさほど暑く感じていなくても冷房を適温で稼動させ、意識的に水分を摂ることを習慣化にしてください。

まとめ

人間の体は飲み物からだけ水分補給をしているのではありません。食事からも水分を補給しています。その比率は、およそ半々です。

なので、食事を摂らないということは、それだけで体内の水分が不足がちになるということです。。

水分が失われやすい夏の時期は特に、水分補給とともにしっかりと食事を摂るようにしましょう。

水分補給と食事に気をつけていれば、たいていの夏バテは防ぐことができますよ。

参考になったらシェアしてくださいね!