急な大雪時などに気をつけたい低体温症 発症の症状と原因、その応急処置・対処法について

今年は積雪量も多く、普段は雪の降らないエリアでも大雪が降るなどといったことが起きています。そういった時に気をつけたいのが、低体温症です。

低体温症の症状とはどういったものか、体温が何度以下になると低体温症の疑いがあるのか、その原因や応急処置・対処法についてお伝えします。アウトドア時にも起こりやすい低体温症、対処法について、この機会によく覚えておいてください。

低体温症とは

低体温症とは、深部の体温が35度を下回る状態のことをいいます。

人間の体は体温が常に上がるように働いているのですが、それ以上に体温が低下してしまうと、低体温症を引き起こしてしまいます。

低体温症になるとさまざまな臓器が正常に機能しなくなります。命にも関わるとても危険な状態です。

寒い日に濡れた衣服を着続けると、体温が奪われて低体温症を起こすこともあります。

ちなみに、英語では低体温症を「Hypothermia」といいます。

広告

低体温症の原因

低体温症が起こる要因には、環境的なものと、病気によるものとがあります。

環境的な要因としては、アウトドアなどで、防寒装備を持たずに出かけた場合や、雪、水場など衣服が濡れる環境で、その後も濡れた服を着続けていると、体温が急速に奪われてしまい低体温症を起こすことがあります。

室内においても、主に小さい子供や高齢者は体温調節がうまく機能せず、暖房器具で室温があげられない場合などに、低体温症を起こすことがあります。

その他、病気などが要因の場合としては、アルコールを大量に摂取した場合や甲状腺機能低下症、低血糖などでも、低体温症は発症することがあります。

低体温症の症状 チェック

低体温症の症状の目安は、体温が35度以下に低下することです。

ただしこの35度以下は、脇の下で測る体温ではなく、直腸や膀胱ぼうこうで測る体の奥での体温のことです。

基本的に直腸や膀胱ぼうこうで測る体温は、脇の下の体温と比べ、1度くらい高いそうです。

なので、脇の下で計測するなら、34度以下が低体温症の症状の目安となるといえるかもしれません。

その他、低体温症の症状としては、

  • 筋肉が震える
  • うまく話せない
  • 頭痛がする
  • 呼吸がゆっくりになる
  • 手先をうまく使うことができない
  • 意識が朦朧とする
  • 周囲の声に反応がない

といった症状も見られます。

広告

低体温症が起きたたときの応急処置・対処法

低体温症が起きたら、できるだけ体を温める必要があります。

低体温症の状態では、外部からの刺激により不整脈が起きることもあるため、あまり刺激を与えないように気をつけてください。

濡れた衣服を着ている場合は服を脱がし、乾いた毛布などで体を覆い温めてください。そしてその後は、できるだけ早く病院へ搬送してください。

寒い時期の被災時には要注意

最近では様々な地域で自然災害等が起こります。

冬場に地震が起こったり、大雪に見舞われてしまったなどといった、寒い季節に被災してしまうと、仮に避難できたとしても避難所で低体温症を発症してしまうことがあります。

過去に起こった震災時にも、被災した高齢者が避難所で亡くなるケースが多数ありました。

その原因が低体温症だったということも、少なからず報告されています。

高齢者や小さい子供は、上手く体温を調節できずに低体温症を起こす可能性が高いです。

高齢者や小さい子供が一緒に被災した場合は、そのことを念頭に入れ、体調の変化に気を配るよう意識してください。

まとめ

最近はキャンプも流行っていますが、山の気温は日中と朝晩とでは温度差が激しく、夏場でも急に冷え込むことがあります。

川遊びをして濡れた体が急速に冷えたり、天候が悪化してずぶ濡れになってしまうなどといったことも、外遊びではわりと起こることです。

そういった際にも低体温症とならないよう、特に小さな子供の体調には気を配るとともに、夏場でも毛布などを持参するようにしてください。

参考になったらシェアしてくださいね!