しゃちほこトピックス > 雑学豆知識 > 井戸を埋めてはいけない!杜撰な方法で埋めると何らかのトラブルに巻き込まれるらしい!?

井戸を埋めてはいけない!杜撰な方法で埋めると何らかのトラブルに巻き込まれるらしい!?

昔から、井戸は埋めてはいけないと言われているのですが、ご存知でしょうか?

実際に建築工事に携わる職人さんらは、井戸に対してはとても慎重に扱います。

迷信めいた話しや体験談などもたくさんありますが、信じる信じないのレベルではなく、井戸の埋めるリスクは現実としてもオカルトの面からも、あなどれないのですよ。

そこで今回は、井戸を埋めることについて書いてみました。

井戸は埋めていけない理由

実家の床下には井戸があります。

潰さずに、フタをしているだけと言いますか、封印のような形でソッとしているというのが正解です。

特段、トラブルなどがあったわけではありませんが、工事をした職人さんらは、やはり丁重に扱った証ということだけは見て取れます。

井戸を埋めてしまうと、現実の面では問題が生じる可能性があります。

水源の喪失

井戸は地下水を利用して水を供給するための重要な水源として使われていました。

その井戸を埋めてしまうと、その地域の水源が失われてしまい、周辺の住民や農業活動に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

環境への悪影響

井戸は生態系においても重要な役割を果たしています。

地下水は様々な生物の生息地となっており、井戸を埋めることで地下生態系が破壊される可能性があるからです。

また、井戸には地下水中の鉱物や化学物質の濃度が高まっている場合もあり、井戸を埋めることでこれらの物質が地下水から漏れ出し、地域の水質に悪影響を与えるということも否定できません。

安全上のリスク

井戸は深い穴であり、適切な保護措置なしに埋めると、人々や動物が誤って落ちてしまう危険性があります。

これは保全のための工事においても同様です。

井戸を埋めてしまえば、将来的に井戸の再利用をする場合、困難を伴うこともあります。

井戸の息抜き

井戸の息抜き(または井戸の解放)は、井戸内の圧力を調整するための重要なものです。

井戸の圧力が適切に制御されないと、ポンプの効率が低下し、井戸の寿命が短くなる可能性があります。

また、神様が生息しているため、適切な圧力が保たれていなければ、神様の逆鱗に触れるという言い伝えもあるようですが・・・。

井戸の息抜きは、安全性と正確性が重要な作業です。

自己判断や未経験者による試みは避け、必ず専門家の指導のもとで行うことをおすすめします。

井戸には神様がいる

井戸には神様がいるという話は、さまざまな文化や民間信仰において見られる伝承です。

以下にいくつかの一般的な井戸の神話や信仰に関する話をいくつか紹介します。

井戸の女神

井戸には水源としての重要性があり、水は生命の源であると考えられていることから、井戸には女神が宿っていると信じられていることがあります。

井戸の女神は水の神聖な力を象徴し、井戸の守護者という存在です。

井戸の妖精や精霊

一部の伝承では、井戸には妖精や精霊が住んでいるとされています。

井戸や水に関連した魔法や神秘的な力を持ち、井戸やその周辺を守護する役割を果しているという存在です。

願い事の実現

井戸には願い事をすると叶うという伝承も存在します。

井戸の神様や精霊に願いを託すことで、幸運や豊かさを得ることができると信じられています。

もしかすると、日本国内で言われる井戸を埋めてはいけないというのは、この伝承が基になっている印象です。

まとめ

「井戸を埋めてはいけない!杜撰な方法で埋めると何らかのトラブルに巻き込まれるらしい!?」というテーマで、井戸に関する雑学の一部を紹介しました。

井戸に関する神話や信仰は、水とその恩恵に対する畏敬の念や感謝の気持ちから生まれています。

元来、井戸は人々の生活にとって重要な役割を果たしてきた場所であるため、それに対して神聖視されてきた可能性は高いです。

だから余計に「リング」は怖く感じたのかもしれないですね。

参照

古い井戸を埋めてはいけないって聞いたことがあるのですが – Yahoo!知恵袋

関連記事

江戸時代より謎の生物とされたケサランパサランに遭遇!正体不明なコイツは何者?

参考になったらシェアしてくださいね!