9月の体調不良 ひょっとして「夏の疲れ(秋バテ)」が出ているのでは?夏の疲れを取る方法

9月に入って体調不良を起こす人が増えています。これは「夏の疲れ」が原因で、いわゆる「秋バテ」というものでしょう。そんな秋バテの原因や症状について、また夏の疲れを取る方法についてもご紹介します。

9月に入って急に体調不良に

暑い夏をなんとか乗り切った!と思ったいたら、9月に入って急に体調が優れなくなった。そういう方も、いるのではないでしょうか。

これは「秋バテ」といって、少し涼しくなり始めた9月頃に起きやすい症状で、夏の疲れが現れたものです。

秋バテの代表的な症状には、

  • 倦怠感
  • すぐに疲れる
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 食欲不振・胃もたれ
  • 不眠
  • めまい
  • 便秘・下痢

などが見られます。

広告

秋バテの原因

秋バテの原因には大きく2つあります。

1つは、夏の暑い時期に冷たいものを摂りすぎてしまったことが原因で、胃腸機能が低下してしまったことから起きています。

もう1つは、冷房の効いた室内と暑い外気との激しい温度差のある季節を過ごしたことが原因で、自律神経が疲れてしまったことで起きています。

この内臓と自律神経の2つの機能が弱まったことにより、秋バテの症状が起こっていると考えられます。

内臓機能を整える

内臓機能の低下からくる秋バテの解消法は、冷えた内臓を温め、内蔵負担を減らして機能回復を図るということになります。

とにかく冷え過ぎた内臓を温めることを考えましょう。そのためにも夏場はシャワーで済ましていたお風呂も、38~40℃程度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、体全体を温めて血のめぐりを良くします。

日中はまだ残暑があるものの、朝晩はだいぶ冷え込む季節となるので、短パン&Tシャツで寝るのは避け、できるだけ長そで&長ズボンのパジャマを着て、冷房ではなく除湿にして寝るようにしましょう。

食事は胃腸の負担を軽くするために、鶏粥にしょうがを入れて食べるとなど、消化が良くて体が温まるものを食べるようにしてください。

また、夏場はお酒も冷たいビールやチューハイなどが中心だったと思いますが、これをワインや日本酒・焼酎などにしていきましょう。

広告

自律神経を整える

自律神経の乱れは、腸の機能低下とも関係があります。

まずは夏休み等で不規則になった生活を、戻すところからはじめましょう。その際に大事なことは、何時に寝ようが、起きる時間を毎日同じにすることです。

起きたらまず朝の光を浴びましょう。そうすることで体内時計がリセットされ、またメラトニンが発生するリズムを整えますので、夜になるときちんと眠くなるというリズムを取り戻せます。

また、朝日を浴びた後に、コップ1杯の常温の水(できれば白湯がベスト)をゆっくりと飲みます。こうして睡眠中に失われた水分を補給するとともに、腸の動きを促し便通改善を図ります。

日中は日差しの弱い時間を選び、軽くウォーキングをするか、部屋の中でストレッチや軽い筋トレなどをして、体を適度に動かしましょう。

日中の運動は体に程よい疲れを生じさせるため、夜の眠りの質を上げてくれます。眠りの質が上がると、体の機能は自ずと回復力を増し、内臓の疲れも自律神経の方も整えてくれます。

まとめ

近年、夏場の猛暑日が増え、気温も上昇傾向にあります。

日中のエアコンも熱中症対策には今では必須となり、結果的に外との温度差を生み、それが自律神経負荷を掛けるといった状況を生んでしまっています。

これはある意味どうしようもないことなので、胃腸や自律神経が弱らないよう、夏の間も注意を怠らないようにすることで、秋バテを防ぐよう心がけましょう。

もしも、今年の秋バテがひどい症状で悩まされたのであれば、来年は夏の間から、胃腸と自律神経を弱らせない工夫をしてみることをおすすめします。

秋はとても良いシーズンです。過ごしやすい季節こそ、体調良くアクティブに過ごしたいものです。

参考になったらシェアしてくださいね!