副業でWebライターデビューした直後にライティングスキルより必要で重要なこととは?

Webライター

副業は、「やれるかな?」と思った時が、スタートの合図になります。
参入ハードルが低いWebライターであれば、パソコンと少し前に進む勇気があれば準備は十分です。

少し前に進む勇気とは、

  • 文章が書けない
  • 国語の成績が悪かった
  • ライティングスキルが無い

という後ろ向きな発言をせずに、まず取り組んでみる姿勢のこと。

文章書いて報酬が貰えるというしくみが整っている環境があるのに、利用しない手はありません。

Webライターのデビューは簡単

Webライターのデビューは恐ろしく簡単で、副業マッチングサイトに登録するだけで済みます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

2つの副業マッチングサイトで十分です。

ライティングには特別な資格は不要ですし、免許も必要ありません。
ただ、キーボードで文字が入力できれば、すぐにでも報酬が発生します。

怖がる理由がありません。
あるとしたら、余計な心配がそうさせるのでしょうか。

デビュー直後は、だれも期待していないので気軽にやれるチャンスです。
Webライターとしての方向性や実績を積み上げることに集中できます。

広告

案件を獲得することに集中する

Webライターとして稼ぐ系の書籍やネット情報はたくさんありますが、案件を獲得することにフューチャーした情報は、比較的少ないです。

一番重要なんですけどね、特にデビュー直後には。

よく書かれているのが、

  • フレームワーク(PREP法など)の解説
  • 早く書く方法

などですが、そんなのは後回しで構いません。

案件を獲得しなければ報酬が発生しないのですから、営業方法を知るべきです。

お勉強してから頑張りますというスタンスでは、案件をかっさらわれてしまいます。

Webライターの参入は簡単ですが、ライバルは多いので書きながらスキルと実績を積み上げるスタンスでなければ、文章作成のお稽古で終ります。

案件獲得に必要なこと

案件獲得に必要なことは、自分の、

  1. 強みを知る
  2. できることを伝える
  3. コンテンツを持つ

という宣伝のための3つの武器です。

強みは経験を振り返ると見えてきますし、経験をベースにやれることが出てきます。
自己紹介を含めて、強みとできることをまとめたものがコテンテンツで、SNSのプロフィール欄や簡単なウェブサイト(例.ペライチ)などで十分です。

広告

スキルアップは案件獲得後に急加速

クライアントの多くはライティングのレギュレーションを定めています。
レギュレーションとは、クライアント独自の文章を書く上での約束事です。

修正などを指示されながら納品することで文章力というのは上達します。

実践こそスキルアップの近道です。

書籍を買って読むだけでは身に付きません。

まとめ

副業でWebライターデビューした直後にライティングスキルより必要で重要なことは、案件を獲得することです。

いろいろ勉強してから、なんて言ってる間に案件は別の誰かが取り組んでいます。

参考になったらシェアしてくださいね!