会社の上司や先輩との関係構築の壁改善策としての名前呼びでホントに壁は無くなる?

※広告

運命的に集まった人たちと共に、仕事をするのが就職というものです。

なのに勘違いした人はたくさんいますよね。

  • いきなり先輩面する若手
  • やたらと威張り散らかす上司
  • なぜか仕切りたがるベテラン

新人が入ってくると、途端に落ち着きを無くし、自分を大きく見せようとする小者がたくさんいることに気が付くはずです。

織田信長の蟻の行列理論で言えば、2割がデキる人、6割は周囲に流される人、2割がダメなヤツ・・・。

そういう目線で見ながら関係を構築すると良いかもしれませんが、それ意外の部分で違和感を感じるかもしれません。

それが「さん付け」での呼び方統一です。

年齢や肩書きの壁

新入社員の頃から、先輩方の「仲良くやっていこう」は信じていませんでした。

昨日今日知ったばかり、しかも職場でプライベートなことは聞く機会も少ない場所で、どう仲良くしろと言うのか?

しかも、緊張と業務を覚えることに必死な初年度に、打ち解けることに時間がかかる人もいるわけです。

年齢も立場も違う人だらけの中で、仲良くしろと命令するのは、一部の人にとっては酷な話では?

つまり年齢や肩書きの壁というものが、職場には必ず存在しているわけです。

それを緩和する作戦として、多くの企業が「さん付け」呼びを勧めてきました。

上司も役職ではなく名前で呼ぶというしくみです。

〇〇課長から〇〇さんへ。

これは課長からすると、責任だけは負わされて、他の社員との関係性はフラットであれということを、社命として背負わされるわけです。

そりゃ、管理職になりたくない人が出てくるのも当然。

ゆえに安易に「さん付け」運動すると、別の意味で壁ができてしまう恐れがあります。

広告

呼び方の強制は逆効果?

どうしても職場では、ある程度の線引きが必要とされています。

仕事を楽しむことをヨシとしない日本の勤労観は、ただでさえ堅苦しい上に、前述したような人間関係の構築にまで、会社が規律を求めてきます。

役職ではなく名前で・・・。

名前でお互いを呼べば、壁がなくなると思っていたところ、実はそうでもないのが実態としてあるのではないでしょうか。

仮に名前呼びを推進したところで、その人のことを頼れる、尊敬できるならば、社長に対しても敬意を込めて自然に「〇〇さん」と呼べますよ。

そうじゃない人は・・・名前すら呼びたくない人に対しては、別の呼び方が欲しいところです。

実際に、部長職の人の中には名前なしで「部長」と呼んだ方が、入っていきやすい場合もあるかもしれない。

もう呼び方なんて、個人に任せたらいいじゃないか、というのが個人的な結論です。

ニックネームが効果的?

ここ最近、小さな会社では名前呼びだけでなく、自己申告のニックネームで呼ぶという活動を推奨しているという情報もあります。

くしくも本日付けの日経新聞では、その一例が紹介されていましたが、確かに壁は、より低くなるかもしれませんが、関係性がゆるくなり過ぎませんかね?

それが社風であるというのなら異論はありませんが、サークルや部活動のようなノリが、逆に新鮮かもしれないですね。

スポーツの世界でも、フィールドネームやコートネームとして、本名とは違う呼び名でコミュニケーションが取られています。

社内での活用は、それから来ているのかもしれません。

ただし、例えば1人のバレーボール選手が、「社長」というコートネームを希望したら、それは通用するのでしょうか。

一応のルールがあるでしょうね、呼びやすい名前とか、そんな漠然とした程度のものが。

コートから離れると本名ですか?

それはそれで、いちいち面倒臭いですね・・・。

広告

呼び方問題は根が深い

ホント、煩くなったもんです。

誰ですか、いちいちアレはダメ、コレもダメ、この呼び方は差別だなんだと難癖つけて生き辛い世の中にしたヤツらは。

自分で発進しておきながら、自らも不便してたら御笑い種です。

多分、そうなってきているから、最近は大人しいのかなと。

パートナーという言葉が良いなんて言ってましたが、どこぞの誰かが「セカンドパートナー」とか言い出して、その印象が良くなかった・・・。

結局、使い辛くなってるのでは?

人に対する呼び方問題って、簡単そうで難しいです。

まとめ

「会社の上司や先輩との関係構築の壁改善策としての名前呼びでホントに壁は無くなる?」というテーマで、人に対してどう呼ぶかについて書きました。

根が深い問題ですね。

自己申告のニックネームで呼び合うというのも、ちょっと恥ずかしい感じもしますが、いろいろと試すことは良いことです。

参照

仕事中は「ぴぐもん」 社員ニックネーム、組織の壁崩す – 日本経済新聞

関連記事

話が通じないコミュニケーション能力に難がある人の3つの特徴!年齢が高いと改善の見込みなし!

参考になったらシェアしてくださいね!