つもり貯金でコツコツ資産を貯めよう!つもり貯金のやり方 メリット・デメリット・注意点など

つもり貯金していますか?私はつもり貯金でコツコツ資産を貯めていますよ。そんなつもり貯金のやり方やメリット・デメリット・注意点などをお伝えします。私が行っているつもり貯金の方法(とその応用編)もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

つもり貯金を始めよう!

「つもり貯金」ってご存知ですか?「〇〇したつもり」で使う予定だったお金を貯金する貯蓄方法です。

例えば、

今日はランチする予定だったけど、コンビニで済ませたので300円浮いた。その300円を貯金する。

とか、

週末の飲み会を断ったので、浮いた5000円を貯金する。

といったものです。

こうして、「〇〇した」なら支払っていたであろうお金を、「〇〇した」つもりで貯めていくと、気づけば結構貯まるので、お手軽な貯金方法としておすすめなのです。

広告

つもり貯金のやり方

ではもう少し、つもり貯金のやり方の例を紹介していきましょう。

まず、つもり貯金は気軽にできる貯金ではあるのですが、目標がないとモチベーションが保てません。

なので、最初はあまり大きな額ではない目標額を決め、つもり貯金を始めてみてください。

そして目標額と共に、それを達成したら何をするかといった「行動目標」も立てることをおすすめします。

例えば、「5000円を目標額に設定して、行きたかった高級レストランでゆっくりランチをする」などです。

それと、つもり貯金は必ず目に見える方法でやる方が、気分が盛り上がります。

どういうことかと言うと、つもり貯金をするタイミングで、都度、実際のお金を別の容器に入れるということです。後でまとめて~とするのではなく、都度「チャリン」と貯めていくということです。

特に透明の瓶などに貯めていくと、外からも増えていく様子が見えるので、とても楽しいのでおすすめです。

つもり貯金のメリット

つもり貯金の一番のメリットは、頑張りすぎずにお金が貯まるところでしょう。

そして、その場で効果が見えるという点です。

浮いた⇒貯まった

ということです。

それと、予め予定していた予算内のなから貯金ができてしまうので、無理がないという点もメリットです。

いつもの予算と別に貯金をすると、やっぱり足りないからと言って貯めたお金を戻したりしがちです。

それに、余ったら貯金しようという方法でお金が余ったという人って、あまり聞きませんからね(笑)。

広告

つもり貯金のデメリット

では、つもり貯金のデメリットとについてお伝えします。

つもり貯金のデメリットは、大きな額を貯めるのにはどうしても時間がかかるということです。

無理なく貯まるので、長い年月コツコツ貯めていけば、それは大きな額にもなるのですが、その場合だと例えば「300万円をつもり貯金で貯めて、車を買う」となると、いったいいつになったら300万円貯まるんのだろうと気が遠くなってしまいます。

そうなるとついつい、「〇〇するつもり」をせずに、〇〇してしまい、結局つもり貯金が続かなくなってしまいます。

それから、デメリットとは少し違うのですが、何もかもを我慢して「〇〇したつもり」といってはつもり貯金をしていくと、凄い勢いで初めは貯まるものの、どこかやりたいことなどを無理することになるので、結局長続きしません。

つもり貯金のいいところは、わざわざ予算を取らずとも、ちょっとしたきっかけで貯金ができるという点です。

なので無理なく続けて、気づけば意外と貯まってる!という状況が望ましいです。

私がやっているつもり貯金のやり方

では最後に私がやっているつもり貯金をご紹介しましょう。

私が実践している方法は、

  • アマゾンプライムで映画を観たとき
  • 図書館で本を借りたとき

といった場合に、映画を1本観たら100円、本を図書館で1冊借りたら100円、つもり貯金します。

本来ならDVDをレンタルで借りたり、中古の本を買ったりしたところを、無料でできたものに対してつもり貯金するわけです。

これだけでも月に1000円程度貯まりので、1年経つと1万円以上に。

そしてこの貯まったお金は、自分の誕生日プレゼントとしてほしかったものを買う際の資金に活用します。

プレゼントに3万円の靴が欲しいと思っていても、いざ3万円払うのかとなると躊躇しますが、つもり貯金で1万円あれば、気分的には2万円で買えたとお得な気分になるうえに、欲しい物も着実に手に入れられてハッピーな気分になれますよ。

まとめ

ネットで買い物をすると、安いだけでなくポイントもけっこう付いてきますよね。

このポイントをなかったものとして、私はつもり貯金の応用編を行っています。

それはどういうことかというと、そのポイントで投資をするという方法です。

楽天などでは、貯まったポイントを楽天証券を通して、投資信託などの購入資金とすることができます。

そしてネット証券だと、投資額に応じた分だけ投資信託が購入できたりします。

なので少額のポイントでも、こつこつ投資して将来の資産づくりに役立てているのです。

そんなにたくさんは貯まりませんが、利回りの良い投資商品の場合、複利で増えていきますし、わずかでも将来のお金が増えることで心の安心感が得られます。

いずれの方法にせよ、予算内で行えていることなので、無理がないという点が気に入っています。

あなたもぜひ自分ならではのつもり貯金の方法を見つけて、人生にちょっとした楽しみを生み出してみてはどうでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!