呪術廻戦6巻の解説や表紙について 何話から何話までが描かれている?各話の解説の紹介など

週刊少年ジャンプで連載され、劇場版も大人気の「呪術廻戦」。その呪術廻戦のコミック6巻について、表紙や解説、何話から何話までが書かれてているかなどをご紹介します。なお、ネタバレも含んだ内容になりますので、この記事を読む際はご注意ください。

呪術廻戦6巻の表紙は誰?

呪術廻戦6巻の表紙は「真人(まひと)」です。6巻で真人が登場するシーンは、任務完了して呪術高専東京校の建物から出てくる最後の1ページの1コマだけです。

ですが、今回の呪霊側の作戦は真人の行動が中心になっているので、表紙になるのも妥当ですかね。

因みに、6巻までの表紙になっいるキャラクターは下記になります。

0巻の表紙「乙骨憂太、祈本里香」
1巻の表紙「虎杖悠仁」
2巻の表紙「伏黒恵」
3巻の表紙「釘崎野薔薇」
4巻の表紙「五条悟」
5巻の表紙「東堂葵、高田ちゃん」

気になる表紙のキャラはいますか?

広告

呪術廻戦6巻は何話から何話まで?

呪術廻戦6巻には、何話から何話までが収録されているというと、第44話から第52話までの9話で構成されています。

4巻の第33話から始まった「京都姉妹校交流会~団体戦~」が、この6巻でついに終わります。

そして7巻第53話「完遂」の終わりから第54話「呪術甲子園」での、「京都姉妹校交流会2日目」までの間の、高専チームvs夏油(げとう)チームのバトルが6巻で描かれています。

6巻の各話のタイトルは下記になります。

第44話「京都姉妹校交流会~団体戦⑪~」
第45話「賢者」
第46話「時間」
第47話「呪具」
第48話「黒閃」
第49話「窮屈」
第50話「予感」
第51話「供花」
第52話「規格外」

呪術廻戦6巻に描かれている解説の紹介

続いて、6巻に描かれている解説の紹介をしていきましょう。

第44話「補足①」
ここでは加茂憲紀の「広い場所はマズい!!アレがくる!!」というセリフの解説をしています。「「鵺(ぬえ)」は本当に狭い場所では使えないのか?」の説明になります。学校の廊下で伏黒恵は「鵺」を使おうとしていたんですね(1話)。

第45話「補足②」
ここでは五条悟の「視覚効果より術式効果を優先してあるのか」というセリフにあるように、鞣造(じゅうぞう)が造った帳についての解説です。この帳の術式効果は「五条悟だけ入れなくする事」ですが、視覚効果は術師と非術師にどう影響するのかが説明されています。

第46話「いきなり呪術検定」
ここでは禪院真希の「これを使うのは胸糞悪イけどな」という特級呪具「遊雲(ゆううん)」についてのセリフが問題になっています。どうして禪院真希は「遊雲」を使うのが胸糞悪いのでしょうか?夏油が使っていたから?蛍光灯みたいだから?禪院真依が「お姉ちゃん」と呼んでくれなかったことを思い出すから?という3択問題です。

第47話「補足③」
ここでは伏黒恵の術式「十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)」の解説です。拡張術式「不知井底(せいていしらず)」についても説明しています。あの羽の生えたカエルは「蝦蟇(がま)」と「鵺」が合体していたんですね。

第48話「黒閃どーする!??」
「威力は平均で通常の2.5乗」という「黒閃(こくせん)の説明」について、どうして2.5倍ではなく2.5乗という設定にしたのかを解説しています。2.5倍と2.5乗のどちらが強いかを比べているのですが、「本格的にバカが露呈してきた」という爆笑の結末になっています。

第49話「いきなり呪術検定」
「花御(はなみ)」の絵に模様を書き足して完成させよう!という問題です。本編にも正解は載ってないという超難問なので、是非チャレンジしてみましょう!

第50話「インタビュアー猪野」
「猪野君がインタビュアーだったら?」という絵が描かれているのではないでしょうか。猪野君は先輩とも後輩とも仲が良さそうなキャラなので、意外と聞き上手なのでしょうか…。

第51話「補足④」
「花御」と「漏瑚(じょうご)」のどちらがタフかということについての解説です。花御は超タフなんだそうです。漏瑚だったら、虎杖悠仁の「黒閃」と東堂葵の「遊雲」で祓われていたかもしれませんね。

広告

まとめ

1コマしか出てこない真人を表紙に起用するところがたまりませんね。

ちなみに7巻の表紙は呪胎九相図の一番が受肉した脹相(ちょうそう)です。

それにしても呪術用語は難しい読みが多いですね。子供の漢字の勉強になって良い気もしますが(笑)。

読み方により深読みがいくらでもできる「呪術廻戦」、この先もとても面白いので、まだ読んでいない方がいれば是非オススメします。

参考になったらシェアしてくださいね!