中村佳穂って誰?『竜とそばかすの姫』の劇中歌と主人公2人の声優をこなす

先日劇場公開された細田守監督の『竜とそばかすの姫』。その劇中歌のみならず、主人公のすずとベルの二役の声優もこなす、和佐田監督べた褒めの中村佳穂ってどんな人物?

竜とそばかすの姫で一気に注目のアーティスト中村佳穂

世界中で人気のアニメーション作品を制作する細田守監督。

その監督の最新作『竜とそばかすの姫』が、先日劇場公開されました。

その劇中歌のみならず、主人公のすずとベルの二役の声優をもこなす、中村佳穂さんというミュージシャンがいまとても注目されています。

細田監督が絶賛する中村佳穂さんって、いったいどんな人物なのでしょう?

広告

細田守監督により大抜擢

中村佳穂さんは歌声と歌唱の表現力がもの凄く、そこが気に入られて細田監督に『竜とそばかすの姫』の劇中歌を依頼されました。

ところがある日、試しにアフレコをしてみたところ、声優としての表現力も素晴らしいものをもっていることがわかり、なんと細田守監督が大絶賛。

なんと、主人公のすずとベルの両方の声優をも担当することになったそうです。

もちろん、声優は初挑戦。それがいきなりの大物監督の作品の主人公に抜擢されるわけですから、なんともすごい話ですよね。

作品の世界を作るうえでは、歌の上手い主人公の声と劇中歌を同一人物が担当できれば、監督してももちろんベストであることは言うまでもないでしょうが、なかなか両方の才能を兼ね備えた人っていないことでしょう。

中村佳穂のプロフィール

ではここで中村佳穂さんのプロフィールを簡単に紹介しておきます。

中村佳穂(なかむらかほ)プロフィール

生年月日:1992年5月26日(29歳)※2021年7月18日現在
出身地:大阪府三島郡
出身校:京都精華大学
音楽ジャンル:ソウル、ジャズ、ポップス、R&B、ファンク、フュージョン
担当楽器:歌、ピアノ
所属レーベル:AINOU
共同作業者:荒木正比呂、深谷雄一、西田修大、MASAHIRO KITAGAWA
公式サイト:中村佳穂 オフィシャルサイト

略歴

1992年、京都に生まれ、大学入学後の20歳のときに本格的に音楽活動を開始。
2014年、自主制作映画「家路 On The Way Home」の主題歌「早く家に帰りたい」を担当。
2016年、「FUJI ROCK FESTIVAL」に初出演。
2018年3月、映画『神さまの轍-CHECKPOINT OF THE LIFE-』で音楽を担当。
同年11月、スペースシャワーミュージック内の自身のレーベル「AINOU」から、同タイトルのアルバムをリリース。
2019年、音楽プロデューサーにより注目されはじめる。
同年3月、アルバム『AINOU』が「APPLE VINEGAR – Music Award -」大賞を受賞。
同年7月、LIQUIDROOMにてワンマンライブを行う。「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」にも出演。
2019年10月、初のワンマンでのホール公演「うたのげんざいち 2019」(草月ホール)を行う。
2021年、細田守監督の映画『竜とそばかすの姫』で、主人公・すず/ベルの声および劇中歌を担当

地道に活動してたのが、ここ2年で一気に加速し、今回の映画でどーんと花開いた感じですね。

この『竜とそばかすの姫』の劇中歌『U』や『歌よ』も、きっと多くの歌好きユーチューバーやTikTokerたちがこぞって歌いそうな気がしています。

この調子だと、年末のNHK紅白歌合戦の出場もあるかもしれませんよ!

広告

まとめ

音楽活動は20歳のころから本格的に始めた中村佳穂さんですが、これまでは一部の音楽ファンやミュージシャンからの支持はあるものの、そこまで知名度のあるミュージシャンではありませんでした。

しかし、今回の『竜とそばかすの姫』の大抜擢により、子供から大人まで一気にお茶の間での知名度もアップすることでしょう。

『竜とそばかすの姫』はカンヌ国際映画祭でも、上映後に14分間にわたるステンディングオベーションにより、大絶賛されたそうです。

となると、当然、中村佳穂さんの存在も世界に認められたというわけですから、今後は世界という大きなステージで活躍されるそんなアーティストになりそうな予感がします。

ぜひこれからもがんばって、素晴らしい作品を世の中に出し続け、世界中を元気にしてほしいと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!