木下大サーカス閲覧時のおすすめ座席はココ!お得なチケットの買い方など

大人も子供も楽しめる木下大サーカス。閲覧する時の場所によっては、正直見づらい席もあります。ショーが見やすいおすすめの座席についてや、割引で購入できるお得なチケットの買い方、混雑時を避ける開催日のタイミングなどについてご紹介します。

木下大サーカスに行ってきました(口コミ)

日本で一番有名なサーカスと言えば、木下大サーカスでしょう。

先日も「世界の果てまでイッテQ!」で、チョコプラのメンバーが木下大サーカスの演目に挑戦していましたね。

そんな歴史のある木下大サーカスを見に、先日、横浜みなとみらいへ行ってきました。

実は木下大サーカスを見るのは今回で2回目。1回目は小学生の頃なので、40年ぶりくらいに見たわけです。

ある意味、子供のころに見た木下大サーカスのまんまのイメージでした。

既にあの時点で完成していたのでしょうね。

だからと言って決してチープという意味ではありません。

むしろ、夢とスリルと驚きが入り混じった、ディズニーランドとはまた違った夢の体験ができる場所。

ちなみに、シルク・ドゥ・ソレイユのサルティンバンコを2000年に見ましたが、木下大サーカスはそれともまた全然違います。

これはもう木下大サーカスでしか体験できないものですね。

広告

木下大サーカスのチケットの買い方

木下大サーカスを見るにはチケットが必要ですが、チケット入手方法にはいくつかの方法があります。

まず普通に購入する方法としては、次の方法があります。

  • オフィシャルチケット
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • イープラス
  • セブンチケット
  • 楽天チケット

チケットには入場券(自由席)と指定席券とがあります。

指定席券は公演日の4日前になると購入できなくなるので、ご注意ください。

それぞれについての詳しい購入方法は、以下のページをご参照ください。

各種チケット購入方法

チケットは当日券の購入も可能です。

木下大サーカスが公演されるテントで販売されます。

その際は、以下のページから割引クーポン券を印刷して持っていくと良いでしょう。
1枚で4名まで割引してもらえますので、人数分印刷してご持参ください。

木下大サーカスHPから手に入る割引クーポン

また、入場券のみ先に購入しておき、当日に指定席券を現地で購入することもできます。
そうすることであらかじめ行く日程を決めず、自由な日に行くことができますね。

ただ、指定券の購入タイミングにより、指定席が埋まっている場合もあります。
複数人数で行く場合、席が離れないよう観覧したければ、公演時間開始前の早めに行って指定席券を購入することをお勧めします。

それから、野球などでもよくありますが、地元の新聞屋さんと提携して、木下大サーカスも招待券や特別割引券を配っています。

意外とこれらの招待券や特別割引券を譲ってもらえるかもしれませんので、知り合いなどに聞いてみるといいかもしれませんよ。

そうすると、平日指定日に無料で観覧できたり、それ以外の日だと自由席が1000円で購入できたりなど、かなりお得に木下大サーカスを観覧できることができます。

通常チケットから200-300円割引される割引券は、ネットから入手可能です。10名以上だと団体割引もあります。

詳しくは下記ページをご参照ください。

木下大サーカスHPから手に入る割引クーポン

木下大サーカスの座席表について

木下大サーカスには閲覧場所による座席表があり、料金がそれぞれ異なります。

座席表は以下の種類があります。

  • 自由席
  • 特別自由席(土日祝のみ)
  • ロイヤルイエロー
  • ロイヤルブルー
  • リングサイドC
  • リングサイドB
  • リングサイドA

席の見やすさは上から下に行くに連れ、見やすさがアップします。

ここで、実際に行った感想で数が、チケットは指定席にした方が良く、最低でもロイヤルイエロー以上を買おう入することをお勧めします。

それにはいくつか理由があります。

その理由の第一は、自由席(特別自由席)は、テントの主要となる柱があるため、柱が邪魔になってショーが見づらいのです。

ロイヤルイエロー以上になると、柱を気にせずショーを楽しむことができます。

また、ショーは意外と長く全体で2時間10分あります。2部制になっており、途中で休憩時間が20分ほど入ります。

その際に、小さい子供連れなどは、この時間にトイレなどに連れていく人も多いでしょうから、いったん荷物を持って自由席を離れたら、戻ってきたころにはもうそこには席は残っていないかもしれません…。

それに、自由席及び特別自由席は先着順なので、開演開始前よりもずいぶん早くから並ばないと、どんどんと見づらい状況になります。

ある程度の余裕をもって、じっくりとショーを見たければ、指定席券を購入することをお勧めします。

やっぱり一番のおすすめはリングサイドAです。ショーはもちろん像やホワイトタイガー、ピエロなども間近で見ることができますので、迫力は段違いです。

ロイヤルイエローとリングサイドAとの指定席券の価格差は1000円しか違いません。めったに見る機会のない木下サーカスです。できれば指定席リングサイドAで見ることをお勧めします。

広告

木下大サーカスのチケット料金

木下大サーカスのチケット料金を記載しておきます。

自由席入場料金+指定席料金というかたちでチケットの値段が決まります。

自由席入場料金
おとな(前売り:2900円、当日:3300円)
こども(3才~高校生)(前売り:1900円、当日:2300円)
大学・専門学生(前売り:2200円、当日:2500円)※コンビニのみ取扱

指定席料金
特別自由席(※土日祝のみ)1000円
ロイヤルイエロー 1500円
ロイヤルブルー 1800円
リングサイドC 1800円
リングサイドB 2000円
リングサイドA 2300円

※3歳未満は無料です(但し、膝上に乗せてのご観覧)
※障がい者手帳等をお持ちの方は、当日購入の場合、半額料金で購入可能(要障碍者手帳)

こちらが会場内の座席図になります。参考にしてみてください。

木下大サーカスの混雑する時期

当然、平日よりも土日祝日が込んでいるのは、どのイベントでも共通することですが、それ以外に木下大サーカスには混雑する時期というものがあります。

それは千秋楽が近づいたときです。

特に選手楽を迎える最後の一週間は、かなり混みあいます。

平日でも自由席に入場規制がかかるほどです。

なので、千秋楽が土日などと重なる場合は、自由席で観覧しよと思ったら、開演の相当前から並ぶ必要があるでしょう。

入場規制で入れなかった場合、千秋楽が過ぎたら自由席券は使い物にならなくなり無駄になってしまいます。

もし出遅れたなと思ったら、すぐさま指定席券の購入に走ってください。

木下大サーカスの今後の公演スケジュール

木下大サーカスの今後の公演スケジュールですが、3月7日に横浜での講演が終了し、次は3月20日から6月7日まで広島市にあるマリーナホップで開催されます。

詳細は下記ページをご参照ください。

木下大サーカスの詳しい公演スケジュールはこちら

コロナウィルス対策も行っており、入場には検温やマスク着用、また来場者の代表者の名前と連絡先の記入が求められます。

会場内は消毒の徹底と業務用換気扇での換気がなされています。空調により暖房もされているので、テント内が寒いこともありません。

安心してサーカスを楽しむことができます。

木下大サーカスが近くに公演に来た際には、ぜひ訪れてみると良いと思います。

一生の思い出になると思いますよ。

参考になったらシェアしてくださいね!