子どもの習い事オンライン講座月謝の相場は?習い事オンライン講座人気ランキング

習い事

コロナ禍で習い事のオンライン化が加速した印象があります。

実際に筆者の娘は、

  • ダンス
  • 学習塾
  • ピアノ

にプラスして日々忙しく学校生活を送っていますが、さすがに休校時期の習い事は、全講座が休講になりました。

休校と休講でややこしいですが、ダンスと学習塾は対応が早くてオンライン講座(オンラインレッスン)をスタートしています。

そんな中で習い事のオンライン講座の人気ランキングでも調査してみようかなと思った次第です。

つーか、子を持つ親の財布からどんだけお札が飛んでいくのか、それが一番知りたいですよねー(涙)

世代による習い事の人気相場

習い事は、世代によって人気に違いがありますよね。

例えば、小学生なら、

  • 水泳
  • そろばん
  • サッカー
  • 野球
  • ダンス
  • ピアノ

などです。

昔は柔道や空手などが目立ったのですけど、近隣地域ではパッタリと聞かなくなりました。
実際に道場閉鎖の情報ばかり入ってきます。

中学生以上になると学習塾が中心ですね。
学習塾を「習い事」に括れるかどうかも議論の余地はありますが、この記事では含めることにします。

高校生となると部活が尋常じゃないぐらいレベルアップするので、習い事の暇がないのかなあという感じです。

成人すると多種多様で、挙げていくとキリがないぐらいですから、後述することにしました。

広告

子どもの人気習い事の月謝相場

実例として、筆者がどれだけ支払っていたかを挙げます。

  • ピアノ・・月額9,800円 毎週1回30分
  • ダンス・・月額5,000円 毎週1回1時間+スポットで費用負担あり
  • 学習塾・・月額20,000円 毎週2回2科目(各科目1時間)+春夏冬に有料講習

地域性や習い事の内容によってバラつきがあると思いますので、あくまでも参考としてください。

ダンスの場合は発表会やイベントの参加費用として数百円の負担があります。
一番キツイのは衣装代なんですよね。

学習塾は、春休み、夏休み、冬休みごとに有料で特別講習が組まれます。
さらには塾内外のテストでは、費用負担が必要な場合もあります。

ピアノはともかく高い印象しかないです(汗)
発表会やコンクールの参加費用、それに見合う衣装とかも・・・。
有名どころのコンクールであるグレンツェンピアノコンクールは全国120箇所で述べ3万人が参加します。
参加費は8,000円~9,000円でしたっけ。

収益スゲー。

コロナ禍においては動画コンクールとなっていました。
さすがに対応が早い。

大人の習い事オンライン講座人気ランキング

定番のユーキャンが公開してくれてます。

大人・社会人におすすめの習い事25選!|ユーキャン

男女別のランキングもあります。

個人的には2位の習い事は関心がありますね。

広告

まとめ

子どもの習い事オンライン講座の月謝の相場、参考になりましたでしょうか。

筆者は、酒、タバコ、ギャンブルはNGで、無趣味ということから、男性的な定番の出費が少ない方なので、それが習い事に回っているという感覚です。

ファッションにも興味が無いですし、車も動けばいいタイプ。
外食も特に関心が無いので、非常にコスパの良いダンナと言われています、と思いたいです(汗)

参考になったらシェアしてくださいね!