Lenovoのファンクションキーは初期設定でF7はカタカナじゃなく機内モードに

初めてLenovo(レノボ)のパソコンを購入したのは2020年の8月でした。

機種としては「ideapad S340」で、14インチの画面サイズに「Ryzen 5」搭載で、メモリ8GB、SSDが256GBのスペックで価格は46,869円でした。

通常業務には十分だったので購入して、今でもメインパソコンとして使っていますが、ファンクションキーがちょっと・・・(汗)

まさかの初期設定で驚いたことがありました。

これからLenovoのノートパソコンを購入することを検討している方のために、このファンクションキーの謎について、お伝えしたいと思います。

ファンクションキーのおさらい

ファンクションキーを簡単におさらいすると、キーボードの最上段にあるボタンに、小さくF1~F12(当ノートの場合)が明記されているものです。

ちなみに絵柄で表示されているのは「マルチメディアキー」「ホットキー」とも呼ばれます。

Lenovo ファンクションキー

そのままキーを押すとマルチメディアキーの機能が発動します。

  • F1:ミュートのON/OFF
  • F2:音量ダウン
  • F3:音量アップ
  • F4:マイクのON/OFF
  • F5:再読み込み
  • F6:タッチパッドの有効/無効
  • F7:機内モードのON/OFF
  • F8:カメラのON/OFF
  • F9:ロック
  • F10:PCと外部デバイスとの表示切り替え
  • F11:明るさダウン
  • F12:明るさアップ

『Fn』キーとの同時押しでF1~F12の機能が働くという、ちょっと変わった初期設定なので、同じような言及をしているサイトが、めちゃくちゃあります(汗)

気を利かせたのでしょうけど、アダとなっているのが現状です。

広告

ワンボタンでファンクションキーを使う

『Fn』キーと同時押しではなく、ファンクションキーを使いたい場合、Lenovoでは「Lenovo Vintage」というアプリが役立ちます。

Lenovo Vantage: PC を更に使いやすく – Lenovo Support JP

通常はインストール済なのですが、もし、見つからない場合はMicrosoftストアからダウンロードできます。

無料です。

変更方法は「Lenovo Vintage」を立ち上げて、メニューから「デバイス設定」、「入力およびアクセサリ」を選択します。

すると「インテリジェント・キーボード」が表示されるので、「キーボードの最上部行の機能」で選択を切り替えるだけです。

たったこれだけ。

Lenovo Vintage

ファンクションキーの使用頻度

身も蓋も無いことですが、個人的にファンクションキーは、あまり必要としていません。

ですから設定の変更をしてないのですよ(汗)

今回の『Fn』キーとの同時押しが面倒くさい問題は、さほど重要ではありません。

それよりもWindows11にアップグレードしても差し支えないのかどうか、そろそろ見解が出そろって欲しいことの方が関心が高いです。

金融系アプリでは、金融機関側からアップグレードは待てという連絡が入ってるので、しばらくはWindows10のままでの運用となるでしょう。

広告

「Lenovo Vintage」必要か不要か問題

そもそも「Lenovo Vintage」が必要か不要かという問題もあります。

個人的には削除した時期もありました。

その間、なんのトラブルも発生していませんが、今回の検証のため再インストールしました。

しばらくは放置しますけど、ファイルやアプリ整理の時期になると、アンインストールする可能性は高いです。

バッテリーや更新状況の確認など、まあ、便利っちゃ便利なんですが、Windowsの設定画面でも似たようなことが出来るので、削除すべきでないアプリではないことは確かですね。

まとめ

「Lenovoのファンクションキーは初期設定でF7はカタカナじゃなく機内モードに」と題して、Lenovoの独特な初期設定について言及しました。

確かに『Fn』キーとの同時押しは、扱いにくいですよね。

ファンクションキーを頻繁に使わない人にとっては、どうでも良い話題なのですけど、ハードなキーパンチャーの場合は、イラつく案件だと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!