一人暮らしの都市ガス使用量はどのくらい?電気とガスのセットがお得かも

一人暮らし

一人暮らしで何が不安かと言えば、

  • 生活費
  • 防犯
  • 生活習慣
  • 物件
  • 近隣住民

ということになるでしょうか。

男性の一人暮らしと違って女性の一人暮らしの方が不安は強いと思います。

変な事件も多いですし、わけのわからない男性不審者も多いですからね。

しかし、一人暮らしとなると、一番の心配は生活費です。

定期的な支払いが発生するのは家賃とライフラインということで、いかに節約できるかがカギとなるでしょう。

一人暮らしの家賃相場

間取り、設備、築年数、地域性など複合的な要素が絡むため、一概に相場などを調べたところで、全くアテにはなりません。

気になる物件を1件ずつ吟味するしかないのが現実です。

家賃が高いと思えば、物件の条件レベルを下げるしか方法がありません。

物件については何を優先するかが重要です。

防犯、治安、利便性・・・譲れない条件を決めて、それに見合う物件と予算を照合していくしかありません。

広告

一人暮らしの生活費

家賃を除いた定期的に費用負担が必要な部分を、この記事では生活費とします。

家賃については既に述べましたのでね。

生活費は主に、

  • 食費
  • 電気・ガス・水道
  • 通信費

が相当します。

食費は外食よりも自炊がおすすめです。

通信費は割安な回線プランと最新でないスマホを選択すれば、1万円も支払うなんてことはあり得ません。

ゲームに課金なんてもっての他です。

問題は、電気・ガス・水道です。

最も節約効果が良くない3点セットで、努力に見合う成果が出にくいことが解ります。

電気とガスをセットで契約

水道代は、供給元の選択肢がありませんので、もう無視です。

節水に努めるしかありません。

電気とガスに関しては、自由化のお陰で少しはマシになってきています。

一人暮らしの電気代とガス代を合わせても、1万円を超えることは無いのが目安となるでしょう。

セットで契約した場合の特典は、サービス提供事業者によって異なるので、最も有利となるには、ポイント還元などを見るべきです。

例えば、ネットショッピングで楽天市場を利用する機会が多く、クレジットカードも楽天カードをもっているのなら、「楽天でんき」「楽天ガス」を参照して、シミュレーションなどをすると良いです。

楽天カードで決済するとポイントも還元されますので、想像以上に還元率は良くなる可能性があります。

参照:楽天でんきと楽天ガスのおトク度をチェック!料金シミュレーション

広告

まとめ

「一人暮らしの都市ガス使用量はどのくらい?電気とガスのセットがお得かも」と題して、生活費を中心に情報シェアしました。

初めから電気とガスをセットで契約しても良い時代なのかもしれません。

請求元が同じということで、引き落とし先も同一ですから、家計の収支管理も楽です。

スマホも楽天モバイルならば、さらにポイント還元も増えます。

参考になったらシェアしてくださいね!