青森県八戸の名物・郷土料理 人気のお土産 おつゆせんべい・八戸前沖さば・八戸ばくだんなど

青森県八戸の名物・郷土料理と、人気のお土産をご紹介します。「おつゆせんべい」を使ったせんべい汁や、八戸前沖さばの料理、八戸ばくだんなる丼ものなど、八戸の郷土料理は魚介中心に美味しそうなものが。また、八戸のお土産には、りんごをまるごと使ったパイや、いちご煮の缶詰など、気になるものも…。

八戸について

青森県・八戸市は、青森県東部に位置し、太平洋に面した場所にあります。岩手県からもほど近く、青森の中では南部に位置します。

八戸市は、県庁所在地のある青森市と弘前市と共に、青森県の主要3市の1つです。

人口は22万人程度、八戸港があることから、八戸の名産は魚介類がメインのようです。

広告

八戸の名物「せんべい汁」

八戸の名物料理・郷土料理として、まず初めに挙げらるれるのが「せんべい汁」です。

「せんべい汁」は、肉や魚、野菜などでダシをとった汁の中に、「おつゆせんべい」というせんべい汁専用に作られたせんべいを割り入れて煮込んだ鍋料理です。

以前は、南部せんべいが使われていたようですが、近年ではダシの染み込んだ「おつゆせんべい」を使用するのが一般的だそうです。

このおつゆせんべいはモチモチとした独特の食感があり、八戸市民を中心に人気の郷土料理であり、冬の名物料理となっています。

八戸前沖さば料理

10月から冬にかけての期間に八戸港で水揚げされる「八戸前沖さば」と呼ばれるサバを使った料理も、八戸の名物料理のひとつです。

「八戸前沖さば」は、通常のさばよりも2倍以上も脂が乗っており、「日本一脂ののったサバ」としても有名です。

この「八戸前沖さば」を使った「八戸前沖さばの漬け丼」が、とても美味しいそうです。

広告

八戸ばくだん

八戸港は、実は日本一のイカ水揚げ量を誇る港です。年間を通じて、様々な種類のイカが水揚げされています。

「八戸ばくだん」という料理は、このイカを角切りにし、青森の田子産のにんにくとしょうが入った特製醤油ダレに漬け込んだものを、イクラや卵黄などとともにご飯の上にのせたものです。

イカの町・八戸いったら、この「八戸ばくだん」は、ぜひとも食べたいところです。

八戸の人気のお土産

八戸の人気のお土産についても調べてみました。

これは八戸限定ではなく、青森のお土産ということになるのかもしれませんが、人気のお土産には、

  • 気になるリンゴ
  • たわわ
  • パティシエのりんごスティック

といった、いずれもリンゴを使ったスイーツが人気のようです。

中でも「気になるリンゴ」は、青森産のりんご「ふじ」をシロップに漬けたものがまるごとパイ生地で包まれたアップルパイで、とっても気になります(笑)。

「たわわ」は、紅玉を使った和風アップルパイ。こちらもとても美味しそうです。

その他、

  • いちご煮(缶詰)
  • さば水煮缶(缶詰)

も、なかなか人気のお土産のようですね。

いちご煮とは、ウニとアワビの入った汁で、八戸の郷土料理です。この缶詰が売られているんですね。ちょっと気になります。

そして、先にも紹介したように、八戸は前沖さばが捕れますので、脂の乗ったさばの水煮缶というのも、八戸ならではのお土産としてよいのではないでしょうか。

まとめ

青森県八戸は、漁港のある街なので、やはり海産物を中心とした名物やお土産が中心となるようです。

鯖寿司やしめ鯖、いかめしなども、とても美味しそうです。

駅弁では、「八戸小唄寿司」「八戸前沖鯖 押し寿し三種」がおすすめです。

参考になったらシェアしてくださいね!