ロカボ食って何?糖質制限と違うの?コンビニや通販で買えるロカボ食品の紹介あり

最近よく耳にするロカボ食。糖質制限とは違うのでしょうか。ロカボにはどんな効果がるのか、また、コンビニや通販で気軽に買えるロカボ食品のご紹介もありますので、参考にしてみてください。

ロカボとは?

ロカボとは、極端な糖質制限を避け、おいしく正しく適正な糖質接種を心がける食事法だそうです。

ロカボでの糖の摂取量の目安としては、1食で20-40グラム。

1日の糖摂取量は70-130グラムに抑えるよう心がけます。

逆に、カロリーや脂質、タンパク質の食事制限はないのがロカボの特徴でもあります。

ちなみに日本人は、1日に300グラム程度の糖質を摂取しているそうです。

これを半分以下にするということですね。

糖質ゼロというわけではないので、それに比べると無理なく続けられるかもしれません。

広告

ロカボの効果

ロカボを続けることで期待できる効果には、次のようなものがあげられます。

  • ダイエット
  • 血糖値の低下
  • 高脂血症の改善
  • 血圧低下

心臓病や脳卒中を起こす原因として「食後高血糖」があげられます。

これは、食後に血糖値が大きく跳ね上がる現象で、この食後高血糖を引き起こす元が糖質です。

ロカボ食で糖の摂取量をおさえることで、食後の心臓病や脳卒中の発症リスクを抑えることができます。

ロカボ食を行う目安

ロカボ食を目指すための1日の食事及びおやつでの糖摂取の目安はこんなイメージです。

食事ごとの1日の糖摂取の目安

  • 朝食 20-40グラム
  • 昼食 20-40グラム
  • おやつ 10グラム
  • 夕食 20-40グラム

毎回マックス摂取しても130グラムに収まりますので、これを目安にしてみてください。

甘いもの好きには、おやつを10グラム以下にするのが大変そうですね(笑)。

ただ、糖質以外のカロリーや脂質、たんぱく質の制限はないので、お腹が空いてしまうということはないでしょう。

食事量の制限によるダイエットは一定期間は我慢できても、基本食べることが好きな人にとっては一生続けるのは厳しいものがあり、結局また食べてしまいリバウンドしてしまうことがほとんどです。

その点、ロカボなら糖質の摂取量のみに着目するので、食いしん坊には向いているダイエット法だと言えますね。

広告

ロカボ食の紹介

とは言え、自分で糖質の量を計るのはなかなか現実的ではないような気もします。

栄養士さんなど、食品に含まれている糖質の量を大体把握している人なら別でしょうが、一般人にはあまり想像できませんね。

ロカボ食のレシピなどを参考に毎日作っていくうちに、なんとなく食品に含まれる糖質の量やどういた料理に糖が多いかなどは分かってくるでしょう。

ただ、誰もがロカボレシピを見ながら自分で食事を作れるわけではありません。

そんな時に便利なのが、「ロカボマーク」の付いたこれらの食品です。

ロカボマーク付き食品の一覧

各社からロカボマーク認定を得た食品が販売されています。

食事のメニューを決める際は、このロカボマークに着目して選んでみてください。

スイーツなども沢山あるところがうれしいですね!

まとめ

現代人の寿命が延びていますが、最近では健康寿命に着目されています。

寝たきりで長く生きるのではなく、自分の力で生活できる健康寿命を伸ばすよう、普段から気をつけていきたいところです。

その意味でもロカボ食を日々の食事に取り入れるのは、意味のある事かと思います。

健康で暮らせる費が一日でも長く続くために、できることから始めてみましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!