低血圧の問題点 種類による症状と対策法について

健康診断で低血圧だと診断されました。低血圧であることの問題点や、一般的に表れる症状、そして改善方法があるのかどうかについて調べてみました。

低血圧の分類と症状

低血圧は次の3つに分類されます。

各低血圧についてと、その症状などについて見ていきましょう。

慢性持続性低血圧

慢性持続性低血圧には、本態性低血圧と症候性(二次性)低血圧の2つがあります。

本態性低血圧は、特に原因となる病気や異常はないが、血圧が一般的な正常値よりも低いものです。

起立性低血圧(後述)を併発する場合もあります。

症候性低血圧は、なんかしらの要因があり低血圧を起こすものです。

主に心臓疾患や循環血液量の減少、甲状腺機能の低下、内分泌疾患、脳腫瘍、神経疾患などが要因として該当します。

その他、代謝性疾患、ある種の中毒、感染症もその要因となることがあります。

起立性低血圧症

起立性低血圧は、寝た状態、もしくは座った状態から立ちあがった時に、血圧の変化が大きく低下するものです

症状としては、めまいやふらつき、目の前が真っ暗になる顔面暗黒感などがあります。

倦怠感や疲労感もあり、日常生活にも支障を来し、さらに悪化すると失神することもあります。

急性低血圧

急性低血圧は、心筋梗塞や大量出血、重症感染症、薬剤性によるショックなどにより、急激に血圧が低下するものです。

これはショック症候群とも呼ばれるもので、対応が遅れると命にかかわりますので、すぐに病院で診察してもらってください。

症状としては、めまいやふらつき、立ちくらみが主な症状ですが、更に血圧が下がると失神することもあります。

広告

低血圧の種類による対策法

慢性持続性低血圧の対策法

本態性低血圧に関しては、特に自覚症状がない場合は対策をする必要はありません。というか、症状がないので対策の仕様がありません。

めまいなどの症状がある場合は、生活習慣の影響が起因していると考えられるため、日常生活を規則正しく過ごすよう気を付ける必要があります。

特に、睡眠不足の場合はしっかりと睡眠をとるようにしましょう。そして、なるべくストレスをためないようする工夫も大切です。

症候性低血圧に関しては、まずは原因を特定することが必要です。

一度、人間ドックなどを受け、健康状態を把握し、疾患などがあれば治療を行うようにします。

高血圧と異なり、低血圧そのものには薬物治療法がほとんどありません。

早寝・早起のといった規則正しい睡眠と睡眠時間の確保、運動の習慣化など、生活習慣の改善を心がけてけてください。

起立性低血圧症の対策法

起立性低血圧症は、まずは原因を究明することが最優先事項です。

起立時に立ちくらみを起こす場合は、腰部のベルトをきつめにしたり、専用の加圧式腹部バンドを使用したり、加圧式の弾性ストッキングを着用するなど、血液が一気に下に下がるのを物理的に防ぐ工夫をしてみてください。

ウォーキングなどの軽い運動を習慣化することは、改善の対策法の1つとなります。

急性低血圧の対策法

急性低血圧が疑われる場合は、自己判断による対策法をとらず、速やかに病院にて受診し、疾患の治療に専念してください。

低血圧に基準はない

ここまで低血圧の種類による症状や対策法などについて見てきました。

特に慢性持続性であることは高血圧と比べると、それほど問題視はされていないようです。

一般的に、収縮期血圧(最高血圧)、つまり俗に言う血圧の上の値という方が100(mmHg)以下、最低血圧(下の値)が60(mmHg)以下だと、「低血圧」と診断されることが多いようですが、実は低血圧に明確な基準はないそうです。

男性よりも女性に低血圧の人は多いそうです。

広告

普段から低血圧で、特に症状がなければ

一般的に、血圧が下がりすぎると、脳に血液が供給されにくくなります。

そのため、めまいやふらつきなどの症状があらわれやすくなります。

しかし、血圧が低めであるにもかかわらず、朝も目覚めが良く、めまいもふらつきも起こさずいたって健康であれば、特に気にする必要はないようです。

病院に行っても、なにも症状がないのであれば、治療のしようもないとのことです。

むしろ血管を傷つけないから、長生きできるのではとのことです。

まとめ

低血圧には生活習慣が影響している場合も多いようです。

生活習慣は様々な病気を誘引します。

普段から、規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠をとり、適度な運動と、きちんとしたバランスの良い食事、ストレスをためない、といったことに気を配る必要があります。。

また、低血圧の人はコーヒーや緑茶など、カフェインを含んだ飲みものを摂ることで血管の広がりを抑えることができ、血圧低下を防げるそうです。

日常生活に差しさわりがなければ、高血圧に比べれば特に気にすることはないようなので、そういう意味では安心ですね。

参考になったらシェアしてくださいね!