病気見舞いのマナー お見舞い品の渡し方や病気見舞いの手紙について 花を贈るのはNG?

病気見舞いのマナーに付いてお伝えします。大人になると知人のお見舞いに病院を訪れる機会も増えてきます。そのような際に、どういったお見舞い品を持参し、どのように渡せば良いのか、また病気見舞いの手紙の書き方などについて、ご紹介したいと思います。お見舞いにお花を贈るのは、意外にもNGだということや、その理由などについてもお伝えします。

病気見舞いのマナー

知人が体調を崩したと聞き、お見舞いに行く場合は、アポイントなしで直接病院に駆けつけると、相手の迷惑となる場合があります。

まずは、家族や職場の人など、状況を知る人に連絡を取り、病状を確認の上、面会が可能であれば、都合の良い日時を聞いてお見舞いに行くことをおすすめしましょう。

広告

お見舞い品と渡し方

病気見舞いのお見舞い品で喜ばれるのは、現金です。

現金を渡すのはなんだか失礼な気もするかもしれませんが、入院には何かとお金が掛かりますので、お見舞金を渡すのが実は一番喜ばれますし助かります。

一般的に目上の人に現金を贈るのは失礼に当たるといわれますが、お見舞いのときは例外です。

タオルなどのちょっとしたものと一緒に、のし袋に包んだお見舞金をそっと渡すのがスマートでしょう。

お見舞いは、基本的には入院している本人に直接渡します。ただ、病状により直接渡せない場合は、付き添いの家族に渡すか、手紙とともに自宅や入院先の病院に送るとよいでしょう。

お見舞いに花を送るのは?

病気見舞いに花を送ることを考える方もいるかも知れませんね。

しかし、花は短期入院などの軽い病気の場合は良いのですが、基本的には贈らないほうが賢明です。

というのも、病院によっては生花の持ち込みを制限している場合があるからです。

また、切り花は花瓶を用意したり、水換えをしたりといった手間を相手に与えてしまいます。

もちろん、鉢物の植物は、「根付く」という言葉から、病院に長く入院することになることを想起させるため、贈ってはいけません。

広告

病気見舞いの手紙

病気見舞いの手紙を書く場合は、いくつか気をつけることがあります。

それは次のような点です。

  • 病気見舞いの手紙には、時候の挨拶は入れない
  • 知らせを聞いたら、できるだけ早く送る
  • 相手の安否と心情を気遣う内容を基本とする
  • 前向きでありながらも、変に明るすぎる内容にしない
  • 相手にプレッシャーを与えるようなことは書かない
  • 病態があまり思わしくない場合は、家族宛に手紙を書く
  • その場合は、相手の安否を気遣うと共に、ご家族に対するねぎらういの気持ちも書き添える

病気見舞いの手紙で使ってはいけない表現

  • 他の病状や災害と比較して、「良かった」などと比べない
  • 病名を訪ねたり、病気に関する内容についてあまり触れない
  • 不吉なことをイメージするような言葉は、手紙の中で使わない
  • 追伸を書かない

病気見舞いを書く上での注意点などを説明しましたが、実際はなかなか病気見舞いの手紙を書く機会は少ないので、上手に文面を思いつける人も少ないと思います。

そういった場合は、病気見舞いの文例集を参考にすることをおすすめします。

病気のお見舞いの文例については、こちらのページがとても参考になりますよ。

病気のお見舞いの文例

病気見舞いのお返しについて

自分が病気見舞いを頂いた場合には、お返しをしましょう。

お見舞いのお返しは、病気が全快したタイミングで「快気内祝い」として贈ります。

贈るものはお菓子などの詰め合わせが良いでしょう。予算は頂いたお見舞金の半額から3分の1くらいを目安とします。

御礼状も併せて送りましょう。

ただし、全快しない場合は、お返しを贈る必要はありません。

まとめ

病気で入院すると、人は必要以上に気落ちしてしまいがちです。一見元気そうにしていても、心の中では不安も抱えているものです。

また連れ添う家族の方も、入院されている方と同様に不安な気持ちを抱えています。

病気舞いは、何よりも入院されている方、家族の方の気持ちに、寄り添う優しさが大切です。

お見舞いに病院に訪れた際も、長居はせずに、短時間で速やかに帰りましょう。

長居をするのではなく、短い時間で何度か顔を出す方が、入院されている方の負担も少なく、気持ちとしても嬉しいものです。

参考になったらシェアしてくださいね!