更年期の主な症状 更年期障害は女性だけでなく男性にもある!

誰もが加齢とともに経験する更年期の症状。しかし、その症状が日常生活もままならないレベルになってくると、更年期障害となります。更年期障害は女性だけでなく、近年、男性にも起きるものだということが分かっています。

更年期症状とは

閉経の前後5年間である計10年間を「更年期」というそうです。

更年期はホルモンバランスの変化により自律神経が乱れ、さまざまな症状が体に現れやすくなります。

これは卵巣の機能が低下して、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することが原因とされています。

この時期に現れる体調の不調を「更年期症状」といい、中でも症状がひどく日常生活にまで影響が及んでしまうようなものが「更年期障害」と呼ばれています。

閉経の時期は人それぞれですが、一般的に自然な状態で月経が1年来なかったら閉経したと判断されるようです。

日本人の場合は、平均して50歳くらいが多いようですが、これは人によるので40歳で閉経する人もいれば50代後半まで閉経しない人もいるそうです。

広告

更年期の代表的な症状

主な更年期の症状としてあげられるのがこちらです。

  • 顔のほてり・のぼせ
  • 異常発汗
  • 腰や手足の冷え
  • 動悸・息切れ
  • イライラ感・不安感

これらは主に自律神経が上手く働かないことによる症状です。

ここにあげた更年期の症状は、誰しも多かれ少なかれ起こるものですので、へんに不安がらず上手に付き合っていく工夫をして乗り越えていきましょう。

ただし、あまりにも症状がひどすぎて日常生活もままならない障害レベルとなったら、治療も必要となってきますので、医師と相談してください。

こんな更年期障害の症状が現れることも

その他にも更年期症状として見られるものとして、次のようなものがあるようです。

日本人によくみられる更年期の症状に、

  • 肩こり
  • 慢性的な疲れ
  • 頭痛
  • 腰痛

その他、

  • めまい
  • 吐き気
  • 手足のしびれ
  • うつ

症状があまりにひどく、きついようでしたら、医師に相談して、更年期障害の治療を受けるようにしてください。

広告

更年期障害の治療法

更年期症状の原因はホルモンバランスによるものなので、更年期障害の治療法にはホルモン補充療法といものが一般的に行われます。

これは減少したエストロゲンを補う薬物療法で、漢方薬で補う場合もあります。

また、体と心はつながっており、特に自律神経は心理的な要因に影響をうけやすいものです。
精神状態を穏やかに保つためにも、食事や運動といった生活習慣を見直すことも、更年期障害の緩和にとってはとても大切になってきます。

男性にみられる更年期の症状

更年期の症状は女性特有のように思われがちですが、近年では、男性には更年期の書状は起こると言われています。

やはり男性も加齢とともにホルモンのバランスは崩れてきますので、女性同様に更年期の症状は現れるのです。

男性の場合、減少するのはテストステロンという男性ホルモンです。

このテストステロンの減少に伴う男性の更年期症状は、医学上ではLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれているそうです。

男性の更年期症状は40代後半くらいから現れ始めることが多く、主な要因はストレスだそうです。

男性にみられる更年期の症状としては、女性同様、

  • 顔のほてり・のぼせ
  • 異常発汗
  • 腰や手足の冷え
  • 動悸・息切れ
  • イライラ感・不安感

のほか、

  • 筋力低下
  • 性欲減退
  • 集中力や記憶力の低下
  • うつ

などの症状がもあるようです。

男性が更年期障害になった場合、

  • メタボリックシンドローム
  • 心筋便塞
  • 脳梗塞
  • がん

など、生活習慣病が起因する病気への発展リスクが高まるそうです。

家庭や職場での責任も重くなり、ストレスを抱えやすい年齢でもありますから、上手にリフレッシュをしてストレスをためないように心がけるとともに、飲酒の機会を減らしたり、週末ウォーキングなど、生活習慣病予防を心がけてください。

まとめ

男女問わず、誰もが加齢とともに体の変化を迎え、それによりこれまでとは異なる症状が現れてくるものです。

昨今は何かとスピード重視でストレスのたまりやすい世の中ですが、40代くらいからは少しダウンシフトして、ゆっくりと生きていくことも考える必要がありそうです。

とは言え、男性の場合、40代と言ったら働き盛り。

なかなか難しい現実があるのですが、それ故に意識手にリフレッシュする習慣を身に着けたいですね。

参考になったらシェアしてくださいね!