男性向けブランド腕時計 人気ランキングベスト5 いまなぜロレックスが高騰している?

男性向けブランド腕時計の人気ランキングベスト5をご紹介します。このランキングから見えることは何?そしていま、なぜロレックスが高騰しているのか?そこから見えることなども、ご紹介していきます

腕時計は男のステータスシンボル?

最近でこそ、男性も皆さんおしゃれになりましたが、昔はあまりおしゃれな男性はいませんでした。

そのせいか、男性は洋服にお金をかけるというよりも、時計や靴、カバン、財布などの服飾小物にお金をかける人が多かったようです。

そういうこともあって、高級腕時計をするのが、ある種のステータスのように取られていた時代が長く続いていました。

しかし最近の若い人たちは、あまりハイブランド信仰者がいません。バブルを経験していない世代は、そういったことも記憶にないので、憧れさえしないのかもしれませんね。

それでもなお、40代以降の男性であれば、密かに高級なブランド腕時計に憧れている人も少なくないでしょう。

「いつかは俺も…」なんてことを夢にいだきながら、日夜仕事に励んでいたり。

まぁ、それがひとつのモチベーションとなって頑張れるなら、それもよしです。

ただ以前ほど、高級腕時計をしていても、若い女性の反応は取れないことは頭の片隅位入れておいたほうがいいかもしれませんね。

広告

男性向けブランド腕時計 人気ランキングベスト5

とは言え、同窓会などで同年代の男女と顔を合わすときなどは、さり気なく腕元から高級腕時計がちらりと覗いていたら、「こいつ稼いでるな!」と思われるかもしれませんね。

そんな男性向けブランド腕時計のなかで、いま人気のランキングベスト5をご紹介しておきましょう。

1位:ROLEX(ロレックス)
2位:OMEGA(オメガ)
3位:CARTIER(カルティエ)
4位:GRAND SEIKO(グランドセイコー)
5位:BVLGARI(ブルガリ)

だそうです。

上位ランキングの5位は、意外と昔からよく見る顔ぶれですね。安定した王道ブランドということなのでしょう。

その他だと、フランクミュラーやタグ・ホイヤー、ハリー・ウインストン、オーデマ・ピゲなども人気のようです。

ロレックスの高騰はなぜ?

ところで、最近やたらとロレックスが高騰しているのをご存知ですか?

以前は、30万で新品が手に入ったエアキングが、中古で60万円。50万以内で買えたエクスプローラーも、中古で100万以上の値が付いていたりします。

とてもじゃないですが、こんなに高値が付いたのでは、もうロレックスにはなかなか手が出ません。

しかし、なぜこんなにもロレックスが高騰しているのでしょう。

その理由は流通量が減って、市場に品薄状態が続いているからです。

つまり物の値段は、製品価値そのものというよりも、市場価値が決めるということです。

安い時に何本かロレックスを購入しておけば、今頃2-3倍になっていたのにー!と、無意味な後悔をしちゃいそうですよね(笑)。

広告

一時だけ人気の高級時計には要注意

高級腕時計の人気ランキングと、ロレックスの高騰から学べることが1つあります。

それは、高級時計は資産になるということです。

しかしここで注意しなければならないのが、ときどき高級腕時計の中で、急に人気を得るブランドなどがありますが、それにはあまり手を出さないほうが良いのでは?ということです。

これまであまり有名ではなかった時計が、なぜか急に人気が出て、雑誌などで一押しされたりすることがあります。そういったブランドの時計のことです。どの時計ブランドがそうだかは、ここではあえて書きませんが。

そういったブランドの腕時計は、その時は腕にはめているとちょっと得意な気持ちになれるかもしれませんが、しばらくすると流行り時計の様に扱われ、誰も見向きをされないどころか、「今もしてるの?ちょっとダサいね」的な扱いを受け兼ねません。

そしてそういった時計は、人気と共に値も下がってしまうので、資産化しません。

つまり、昔も今も変わらず人気の手堅いブランドの手堅いモデルを購入しておけば、資産価値も下がらず、時にはプレミア価格が付いたりして、結果的にお買い得と言えるのではないかと思います。

もし小金が転がり込んできて、ひとつ良い時計でも買ってやろうか!と思ったときは、このことを思い出してください。

もちろん、江戸っ子のように「宵越しの金は持たん!」と、自分が良いと思える高級ブランド時計を人気や資産化のことなど一切考えずに買うというのも、ある意味カッコいいとは思いますけどね。

まとめ

それにしても、ロレックスといいビンテージカーといい、最近は高騰するものはどんどん高騰しますね!

これはもちろん、買う人がいるから高騰するわけですから、「持っている人はいる!」ということの現れなのでしょう。

いやぁ、どこにいるんでしょうかね、そんなひ人たち。きっと私とは接点のない、別の星に住んでいるのでしょう(笑)。

参考になったらシェアしてくださいね!