メタバースの始め方を知りたい!無料でできるものなのか?準備として必要なものをまとめ

メタバースでは、会議だの土地の購入だの、何かと盛り上げようとしている記事を見かけます。

門外漢としては、

  • 仮想空間に土地買って何になる?
  • おしゃれとか所詮はアバターじゃん

という感覚なのですが、無知ゆえの暴言とは捉えられたくないので、基礎から勉強することにしました。

メタバースって、どういう可能性があるのか、未だに見えてはきませんが・・・。

ということで、メタバースにおける初心者向けの解説です。

メタバースとは

そもそもメタバースとは何ぞやという話からスタートするのが筋と言うものでしょう。

イメージとして映画マトリックスの画素が荒い感じをイメージすると良いかもしれませんが、自分の分身であるアバターを仮想空間に滞在させるコミュニケーション空間です。

そこでは何が行われるのか?

  • オンラインゲーム
  • ビジネス

これが今のところ活用が進んでいるジャンルになります。

オンラインゲームはともかく、ビジネスに関しては物販がメタバース上で行われ、実際に購入すると現物が自宅に届くといったサービスも展開されています。

わざわざアバターになって買わなくても・・・なんて思うんですけど(汗)

まあ、それは置いといて、メタバースとはそういう空間です。

広告

メタバースを始めるには

仮想空間はわかったけど、どこが入口なのさということが疑問に上がります。

マトリックスでは延髄部分にブラグを差すという、エゲツない方法でしたが、メタバースの場合は、少々、準備が必要です。

  • 暗号資産取引所の口座
  • 暗号資産
  • WEBウォレット(MetaMask)
  • メタバースのアカウント

以上は必須で、今後、あればよいものとしてはVRゴーグルが挙げられます。

すでに暗号資産を所有していれば、後は参加するだけということになります。

費用としては、メタバース上で使用する暗号資産だけです。

ステップとしては、

  1. 暗号資産取引所の口座を開設
  2. 通貨となる暗号資産を購入
  3. WEBウォレット(MetaMask)の作成
  4. 通貨をMetaMaskに送金
  5. メタバースとMetaMaskを連携

という感じになります。

厳密にはメタバースには、それぞれプラットフォームがあるので、そことMetaMask接続することになります。

メタバースの具体例

だから「どこからメタバースに入るのか!!」って怒り狂う人もいそうなので、具体的なプラットフォーム、つまり遊び場と言いますか楽しむ場所を挙げてみます。

それは「The Sandbox」というゲームプラットフォームです。

じっくりと公式サイトをご覧ください。

文章での説明は省きます(汗)

www.sandbox.gameの日本公式サイト│The Sandbox Japan

広告

メタバースはクリエイティブな場所

メタバースはユーザーが自由に創造し、それを別のユーザーが楽しむというのが基本のようですね。

もちろん企業が参入すれば経済活動も生まれるでしょう。

筆者の感覚ですが、クリエイティブな活動ができる、あるいはアイデアを持って実現できる人の方が、何かと有利な空間のかなとも思います。

今のところ、個人的にメタバースは興味が無い(汗)ので、冷めた見方しかできませんが、チャンスが転がっていると感じる人にとっては、たまらない場所となることでしょう。

まとめ

「メタバースの始め方を知りたい!無料でできるものなのか?準備として必要なものをまとめ」というテーマで、メタバースの始め方についてシェアしました。

やはり個人的には、アバターを使って仮想空間で楽しむということが、ちょっと面倒くさいというか、メリットを感じるまでは至っていません。

ドクラエ10のオンラインの方が、今の時点では良いです(汗)

コミュ障としてはね、ソロプレイできるところが一番快適なのです。

関連記事

セカンドライフの次はメタバース!?マトリックス並みの仮想世界に近づくには?

参考になったらシェアしてくださいね!