しゃちほこトピックス > 趣味娯楽 > 川上未映子のおすすめ本といえば?夏物語のあらすじ紹介やその他の活動など

川上未映子のおすすめ本といえば?夏物語のあらすじ紹介やその他の活動など

川上未映子の作品を読むうえでのおすすめ本をご紹介します。最新作にして話題の『夏物語』のあらすじにも少し触れます。また、作家以外の活動など、川上未映子について調べてみました。

川上未映子のおすすめ本紹介

川上未映子はこれまでに、小説作品を8冊と随筆や対談集を15点、また、絵本や詩集をリリースしてきました。

そんな中から、川上未映子のこれを読め!という作品のベスト5をご紹介しようと思ったのですが、選び切れなかったのでベスト8をご紹介します。

  1. 乳と卵
  2. すべて真夜中の恋人たち
  3. きみは赤ちゃん
  4. ヘブン
  5. わたくし率イン歯ー、または世界
  6. おめかしの引力
  7. あこがれ
  8. 愛の夢とか

1冊や2冊読んだだけでは、決して作家のカラーは見えてきませんので、ここで紹介した中からランキング関係なしに5冊くらい読んでみていただけたらと思います。

話題の最新作『夏物語』のあらすじをプチ紹介

2019年7月11日に文藝春秋より発行された川上未映子の最新作『夏物語』ですが、これが大きな話題を呼んでいます。

既に発売から1年半程度経ちますが、今でもメディアで取り上げられるだけでなく、世界25カ国で翻訳されるほど、世界中で話題となっています。

  • 毎日出版文化賞 芸術部門受賞
  • 2020年 本屋大賞ノミネート
  • ニューヨーク公共図書館 2020年ベスト・ブックス
  • 米TIME誌が選ぶ 2020年ベスト小説10冊/米New York Timesが選ぶ今年の100冊
  • 世界的ベストセラー作家エレナ・フェッランテが選ぶ「20世紀の女性作家40人」に選出

など

そんな『夏物語』のあらすじをちょっとだけ紹介させていただきます。

ネタバレは嫌!という人は飛ばしてくださいね。

『夏物語』のあらすじ(Amazonより)

大阪の下町に生まれ育ち、小説家を目指し上京した夏子。38歳になる彼女には、ひそやかな願いが芽生えつつあった。「自分の子どもに会いたい」――でも、相手もおらんのに、どうやって?

周囲のさまざまな人々が、夏子に心をうちあける。身体の変化へのとまどい、性別役割をめぐる違和感、世界への居場所のなさ、そして子どもをもつか、もたないか。悲喜こもごもの語りは、この世界へ生み、生まれることの意味を投げかける。

パートナーなしの出産を目指す夏子は、「精子提供」で生まれ、本当の父を探す逢沢潤と出会い、心を寄せていく。いっぽう彼の恋人である善百合子は、出産は親たちの「身勝手な賭け」だと言う。

「どうしてこんな暴力的なことを、みんな笑顔でつづけることができるんだろう」

苦痛に満ちた切実な問いかけに、夏子の心は揺らぐ。この世界は、生まれてくるのに値するのだろうか――。

ネタバレせずに『夏物語』をレビューしているこの動画を見て、何かを感じて興味を持っていただければ。

川上未映子のプロフィール

川上未映子は作家として有名ですが、実は元々音楽もやっていて、過去にアルバムを3枚リリースしています。

また、映画にて女優さんもやられていたりと、なかなかのマルチアーティストな方でもあります。

小説以外にも詩集もかなり出版されていますしね。

ではプロフィールのご紹介。

川上未映子(かわかみ みえこ)プロフィール
本名:川上三枝子
生年月日:1976年8月29日(44歳)
出身地:大阪府大阪市城東区
最終学歴:大阪市立工芸高等学校卒業
配偶者:阿部和重(2011年 – )
活動期間:2007年-

デビュー作
『わたくし率イン歯ー、または世界』(2007年)

代表作
『乳と卵』(2008年)
『ヘヴン』(2009年)
『あこがれ』(2015年)
『夏物語』(2019年)

主な受賞歴
芥川龍之介賞(2008年)
中原中也賞(2009年)
紫式部文学賞(2010年)
芸術選奨文部科学大臣新人賞(2010年)
谷崎潤一郎賞(2013年)
高見順賞(2013年)
渡辺淳一文学賞(2016年)
毎日出版文化賞(2019年)
他、受賞歴参照

公式サイト
川上未映子の純粋悲性批判

まとめ

村上春樹が帯を書く日本の小説家は数少ないと思われます。

その村上春樹が川上未映子の『夏物語』の帯を書いています。

こんな接点からでもよいので、ぜひ川上未映子の作品を読んでみてください。

いま世界が認め始めている日本の文学とは、どういうものなのかを知るためにも。

参考になったらシェアしてくださいね!