しゃちほこトピックス > 仕事・キャリア > 巫女さんってどうやったらなれる?そもそも巫女さんの役割とか収入とか知りたい!

巫女さんってどうやったらなれる?そもそも巫女さんの役割とか収入とか知りたい!

巫女さんって、存在は知っていますが、どういう立ち位置なのか、まったくわかりません(汗)

そもそも資格が必要なのか、どの程度の報酬が得られるのか、年齢制限とかも興味がある女性も多いのではないかと。

巫女さんは日本の伝統文化の一部であり、神社の優美な雰囲気や神職の神秘的な世界を体験するアイコンでもあります。

役割についても、神社での儀式や祭りに参加するだけでなさそうですが・・・。

ということで今回は巫女さんについて書きます。

巫女さんとは?

巫女さんは、日本の伝統的な神社での祭りや儀式で重要な役割を果たす女性のことを指します。

神職の一員として、神社の信仰活動や神職のサポートを担当することが主な役割です。

巫女の歴史は古く、古代から存在しており、神道の信仰と深い関わりを持っています。

巫女さんに必要なスキル

巫女さんになるためには、特定の条件やスキルが求められます。

年齢や性別に厳しい制約はありませんが、多くの神社では女性のみが巫女として活動しています。

また、神職への尊敬や信仰心、純粋な心、礼儀作法への理解が重要です。

実際に巫女さんとして活動するには、対応の柔軟性、集中力、コミュニケーション能力、協調性など、さまざまなスキルを持つことが求められます。

日常は、神社の環境や地域の慣習によって異なりますが、神社に所属して定期的に祭りや儀式に参加します。

また神社の掃除や神具の手入れ、神職のサポート、参拝客への案内や説明などの業務も巫女さんの担当です。

特別な祭りや神事の際には、舞や奉納などの舞台パフォーマンスも行います。

巫女さんになるためのステップ

巫女さんへの一般的なステップについては、まず、興味や関心を持ち、巫女さんの仕事や神社の文化について学びことからスタートです。

次に、近くの神社を訪れて参拝し、地域の巫女と話す機会を作ることもよいでしょう。

さらに地元の神社でボランティアやアルバイトとしての経験を積むことも有益です。

本気で巫女さんを極めたいならば、神社関連の学校や団体での講座の受講、研修にも参加して、巫女さんとしての知識や技術を磨くことが求められます。

資格について、各地域や神社によって異なる場合がありますが、一般的には神職の養成機関や巫女団体が主催する講座や試験を受ける機会があります。

もっとも確実なのは、巫女になりたい神社で講習のお知らせや採用のニュースを待つことですね。

これによって巫女さんとしての一定の基礎知識や礼法、神社の歴史や祭りの内容についての資格を示すことが可能です。

それ以上に、実務経験や指導者からの助言に従うことも重要です。

巫女さんの収入

巫女さんの収入については、地域や神社の規模、雇用形態などによって大きく異なるため、一概には言えません。

多くの神社では、巫女さんの活動はボランティアベースで行われることがあります。

ボランティアの場合は報酬は支給されず、経験や実績を積むための機会となります。

一部の神社ではアルバイトとして巫女さんを募集しており、時給や月給で報酬が支払われる場合もありますが、具体的な金額は神社や地域によって千差万別です。

規模の大きな神社では、正式な神職として巫女さんを雇用することもあります。

給与や待遇は神社の規定に従うことになりますが、相場としてはインディードを参照すると、全国で約275万円となっています。

決して高い収入は得られませんが、転職を前提とすると、冠婚葬祭系の企業とのマッチングはあり得ますし、ホテルなど作法やマナーありきの仕事にはスムーズな転身が可能と言えそうです。

まとめ

「巫女さんってどうやったらなれる?そもそも巫女さんの役割とか収入とか知りたい!」というテーマで、巫女さんについて書きました。

巫女さんに興味を持つ女性は多い気がします。

神社で見かける巫女さんは、ちょっと神々しくて近寄りがたいですが、謎めいた存在だからこそ、下世話な収入のこととか気になります(汗)

参照

御巫(巫女)修行コース | 春日大社

【巫女になるには】 仕事内容と年収 | Indeed (インディード)

関連記事

神社周辺の土地は自然災害に強いというウワサを検証!令和の不動産の選び方とは?

参考になったらシェアしてくださいね!