アブ(虻)に刺されたら 刺されたときの症状や対処法、刺されないための対策について

アブ(虻)に刺されたらどうする?アブに刺されたときの症状はどういったものか?アブに刺された時の対処法や、刺されないための対策についてお伝えします。

アブ(虻)について

夏に自然の中でエンジョイするのはとても楽しいのですが、夏の河原やキャンプ場には意外とアブがいるんですよね。

都会に住んでいるとほとんど見かけないアブですから、初めて見た人はハチかと思う人もいるようですが、アブはハチではありません。

どちらかというとハエの仲間です。

広告

アブに刺された時の症状

実はアブは刺しはしないのですが、産卵期にメスが血を吸うのです(オスは吸わない)。

アブは人だけでなく、家畜なんかの動物の血も吸います。

なので正しくは、「アブに刺された」というより、「虻に噛まれた」という方が正解ですかね。

それはさておき、アブに刺されたとき、どのようなキズや症状が起きるかといいますと、

噛まれたときのチクッとした痛みがあります。

そして少し出血もすると思います。

その後、時間が経つにつれ、刺された部分が赤く腫れて痒みがでてきます。

蚊に刺されたときと同じように、皮膚の下でヒスタミンが反応するため、かゆくなります。

アブには毒性はないのですが、まれに発熱を起こすこともあるようです。

アブに刺された個所が固くなり腫れると、完治までに3週間くらいかかります。

アブに刺されたら 対処方法について

アブに刺されたら、まずはすぐに刺された場所を水でよく洗ってください。

これは蚊などに刺されたときにも、水で洗い流すことでかゆみが軽減できます。

水で洗ったあとは、氷や保冷剤をタオルに巻いて患部を冷やしてください。これにより痒みや腫れが緩和されます。

ポイズンリムーバーを持っているなら、刺された部分を吸い取ることでかゆみや腫れを軽減できます。

特に家族連れで山やキャンプに行くという人は、ポイズンリムーバーはひとつ用意しておくと良いかもしれませんね。

冷やした後は、市販薬なら「ムヒS」などのステロイド系か抗ヒスタミン系の塗り薬を塗ってください。

複数刺されたり、なかなか腫れが引かないときは、病院に行き診てもらうことをお勧めします。

広告

アブに刺されないための対策

アブに刺されないためには、アブの習性を知っておくことが必要です。

アブは二酸化炭素に寄ってきます。蚊と一緒ですね。

車の排気ガスには二酸化炭素が含まれるので、長時間車のエンジンをかけっぱなしにしていると、アブが寄ってきたりします。

アブが活性化するのは、気温が18℃から30℃くらいの時期で、主に夏場です。

また湿度をの高いところを好むので、河原などに多く生息します。

動くものにも寄ってくる習性があるので、アブがいるからと手を振り回して追い払うと余計に寄ってきて逆効果です。

また、黒っぽい暗めのものに寄ってきますので、服装はなるべく明るめのものを着用し、明るめの色の帽子をかぶるといいでしょう。

アブは服の上からも刺してきますので、厚めの服を着用し、長袖・長ズボンなどで、手首や足首の露出を避けましょう。といっても夏場はあまり現実的ではありませんね。

なので、虫よけを必ず使用してください。

また、ハッカ油などの臭いもアブは嫌いますので、水に薄めて使うといいでしょう。

まとめ

夏に実家のある田舎に行くと、やたらアブがいるのに驚かされます。

普段都市で生活している限りでは、ほとんどアブを見かけることはありません。

アブは家畜の糞尿などに卵を産み付けたりするそうです。これが田舎にアブが多い理由なのでしょう。

手で追い払うと余計に寄ってくるというのは知りませんでしたので、今後は慌てずに行動したいと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!