マイナンバーカードと保険証の一体化に大慌てする人が続出!リスクを示さねば人は動かず?

2024年秋に紙の保険証が無くなる・・・。

このような情報を聞いた人が、焦ってマイナンバーカードの取得に走り出すという自体が、各自治体で起こっているようです。

結局、国民の大多数は危機感を目の前にちらつかせないければ、動き出さないということが分かったのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、

  • マイナンバーカード取得
  • 公金口座登録
  • 保険証利用

の3つを全てコンプリートとしています。

奥さんも同様で、残るは未成年の子どもだけという状況ですが、子どもの分も年末までには全ての手続きを終える予定です。

メリットよりリスクで人は動く?

あくまでも個人的な見立てではあることを、事前に申し上げておきます。

人を動かすには、いろいろな方法が確立されていて、著書で言えば、

  • 人を動かす:デール・カーネギー
  • 影響力の武器:ロバート・B・チャルディーニ

が代表的です。

ただし今回のマイナンバーカードの件については、国民にとって特段のメリットが無いのに、政府側は、さも大きなメリットがあるように訴えています。

はっきり言って逆効果。

なぜならば、早急にカードを持たなくても困らないからです。

ところが保険証の件のようにリスクを敏感に察知すると、人は即座に動き出すんです。

紙の保険証が無いとマズイ!!

そんな理由で役所に駆け込んでいる人は多いという記事が散見されます。

広告

廃止まで時間的猶予はある

自治体の窓口に、今、駆け込んでいる人は、まだ多少は時間に余裕があることに果たして気付いているのでしょうか。

政府側は2024年秋に紙の保険証の廃止を目指すとしています。

決定とは言っておらず、あくまでも「目指す」と言っているわけですから、少なくとも2年は猶予があるわけです。

今、役所の窓口に行けば人出が多くて混雑や混乱があり、サポートも期待できないだろうなと、予想しないのでしょうか?

そんなことすら想像できず、役所だからやってくれると、お客様気分で現地に行ってる?

それって自意識過剰なのでは・・・。

混乱や混雑は予見できた

そもそもマイナンバーカードを、

  • 早めに申請していなかった
  • 申請したけど引き取りを放置していた
  • 忘れていた

という理由ならば、混乱や混雑に巻き込まれても仕方がない話。

マイナンバーカードの申請自体はスマホからでも可能なので、家族の協力などを得れば、そんなに難しくないはずです。

実際、筆者は家族全員、スマホからマイナンバーカードの申請をしました。

写真撮影も注意事項が書かれているので、しっかり読めば問題無しです。

気に入らない場合は、何度でも取り直しができるわけですからね。

ちなみに我が家の女性陣は、ひとりあたり20枚以上は撮影して、その中から厳選して申請しました。

カメラマンは、誰がやったら察してください(泣)

マイナンバーカードの話が出たときから、あらかじめ混雑や混乱は、数回はあるだろうなと予見していたお蔭で、今は何の心配もありません。

広告

サポートは対象を限定すべきだった?

誰もがスマホでマイナンバーカードの申請ができるとは、国も自治体も考えてはいなかったでしょうが、想像以上に役所に駆け込んでいることも想像していなかったのでは?

自治体での申請サポートについては、

  • 体の自由が利かない人
  • 障害や病気で認知力が落ちている
  • 一人暮らしの高齢者
  • 家族の協力が難しい

といったように、サポート対象者をある程度限定してしまえば、少しは混乱や混雑を避けられたのではないでしょうか。

役所での受取に面倒なイメージ

マイナンバーカードの取得が進まないのは、平日に役所を訪れるというのが、意外にハードルが高い気はしました。

筆者は、テレワーク主体の個人事業主ですから、スケジュールは自由に動かせますし、奥さんも割と有休消化には理解ある職場ですから、平日に時間を作ることは比較的可能です。

実際に、指定の役所にマイナンバーカードを引き取りに行ったとき、最後の作業として、

  • 本人確認
  • パスワード設定

などがありましたが、作業自体は10分少々で完了しました。

もちろん順番待ちの時間はありましたが、初期のころでしたので、思った以上に手間は必要としなかったのです。

ただ、そのためだけに仕事を抜けるというのは、政府側が考えているよりは簡単ではありませんよね。

なぜ、平日に動かそうとするのか?

ワクチン接種のように土日でも対応可能にすればよいのでは?

まとめ

「マイナンバーカードと保険証の一体化に大慌てする人が続出!リスクを示さねば人は動かず?」というテーマで、紙の保険証廃止ということで動き出す人が増えています。

やはり響かないメリットよりリスクをイメージさせる方が、人って動くものなのですよ。

しばらくしたら落ち着くと思うので、今、慌てなくても良いのでは?

参照

マイナンバーカード総合サイト

関連記事

マイナンバーカードの健康保険証利用はメリットより申し込んだ後の方が気になる件

マイナンバーカードの申請はスマホが簡単!子供もスマホ写真で問題なく発行

マイナンバーカード申請して個人番号カード交付通知書が届いた後の役所での手続き

マイナポイント第2弾ポイント付与申請開始に合わせて公金受取口座登録が超簡単すぎた件

 

参考になったらシェアしてくださいね!