マイナポイント第2弾が6月よりスタート!最大15,000ポイントを得る方法は意外に簡単?

マイナンバーカードの取得者にポイントを付与する事業の第2弾が、いよいよ来月末から申請がスタートします。

すでにマイナンバーカードが取得していますが、活用したのはスマホで確定申告する際に使用しただけという、何とも微妙な結果に(汗)

確定申告以降も半年近く経過していますが、いまだに使い道が無いというシロモノです。

果たして第2弾では、ポイント以外にもメリットがあるのかどうか、今後に期待という感じかなあ。

マイナポイント第2弾の概要

第2弾の目的は、

  • マイナ保険証
  • 公的給付金受取口座登録

の2本柱になっています。

それぞれ実行すると7,500ポイントが得られるので、合計で最大15,000ポイントのチャンスがあります。

しかし、マイナ保険証の手続きをした場合は、元の保険証はどうなるんでしょう?

そんな疑問もありますが、スケジュールなどを確認してみましょう。

広告

健康保険証としての利用申し込み

  • 申込開始時期:2022年6月30日開始
  • マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで
  • 申込期限:2023年2月末まで

保険証として使えるようにはなりますけど、果たして顔写真を貼っていることから、女性は使いづらい可能性もありますよね。

写真写りがきっときになるでしょうから・・・。

もしもマイナンバーカードと従来の保険証、どちらでも使ってよいということなら、マイナンバーカードの保険証手続きだけして、従来の保険証を使う人が多くいそうな予感がします。

公金受取口座の登録

  • 申込開始時期:2022年6月30日開始
  • マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで
  • 申込期限:2023年2月末まで

これは登録しても良いかな・・・。

メインの口座じゃなくても良いなら、サブ口座で登録することなるかも、個人的には。

広告

キャッシュレス決済サービスへの申し込み

マイナポイントは、

  • 保険証手続き
  • 公金登録

だけでは得られません。

キャッシュレス決済サービスへ申し込んで、条件をクリアして初めてホイントが貰えます。

筆者は第1弾では楽天カードを通じて5,000ポイントを得ました。

使う頻度が高かったですからです。

恐らく第2段も楽天カードが最有力で、時点で楽天Payもしくは楽天Edyを考えています。

楽天ばっかりやないかい。

まとめ

「マイナポイント第2弾が6月よりスタート!最大15,000ポイントを得る方法は意外に簡単?」というテーマで、マイナポイントの第2弾について書きました。

マイナンバーカード自体は、まだ、あまり使い道が無いのですが、ものすごく長い目で見ようと思います。

5年後に少しは使えるかなと感じれば御の字!

ポイントだけはしっかり取ろうと思います。

参照

マイナポイント事業

参考になったらシェアしてくださいね!