マイナポイントを楽天からアプリ経由で申し込みしたら意外に簡単で楽天会員はお得

つい先日、マイナポイントを楽天カードアプリから申し込みました。

途中何度か引っかかった部分がありましたが、そんなに難しくはありませんでした。

そこで今回は、マイナポイントの申し込みについて、気を付けて欲しい点や期限などを改めてシェアしたいと思います。

マイナポイントの申し込み期限

まず初めにマイナポイントの申し込みの期限を改めて。

ポイントが付与される対象は、2021年4月末までにマイナンバーカードの申請をした人です。

まだ間に合いますので、通知カードのQRコードを読み取って申請してしまいましょう。

カード到着は当社比で約10日から2週間です。
もちろん例外はあります。

しかし心配は無用です。

2021年4月までにカードが届くということではなくて、あくまでも申請をしていればOK。

カードが届いてからマイナポイントを申し込みするわけですが、2021年9月末までにチャージや買い物をして25%分(上限5,000円)のポイントを受け取りましょう。

広告

楽天カードからの申し込みで5,000ポイントを受け取る

すでに楽天カードを所有していて、毎月20,000円以上の支払いが発生しているならば、上限の5,000ポイント獲得はほぼ確実です。

5,000ポイントか・・・。
もう一声欲しかったなあ。

楽天カード以外のクレジッカードでも、その決済サービスがマイナポイントに対応しているのなら上限5,000ポイントの獲得チャンスはあります。

決済サービスについては、こちらから検索できます。

決済サービス一覧 | マイナポイント事業

予算の上限があるマイナポイント

意外と気づいていない人もいるかもしれませんので忠告なんですが、何事も予算というものがあります。

特に予算については、しれーっと小さな文字とかで書かれているので、ある日突然サービスが停止されて憤慨しても遅いのです。

「予算に達したら・・」て書いてますよねって言われるのがオチ。

もたもたするよりはスピーディーに申請しておきましょう。

カードができたよというハガキが届いたら、指定された役所にサッと行ってカード貰って、その日のうちにマイナポイント申請しましょう。

広告

マイナンバーカードの読み取りに3連続で失敗

いやー冷や汗が出ました・・。

マイナンバーカードの読み取りの要領が悪くて、あやうくパスワード3連続でミスったような感覚に陥ってしまいました。

マイナンバーカードをスマホで読み取らせると、ピッとかブルッとかスマホが反応します。

その反応でマイナンバーカードからスマホを外してはいけません。

読み込みが甘くなってエラーが出ます。

何か画面に「読み込んだ」とされる表示が出るまでは、ジーッと読み込ませ続けてください。

読み込ませ続けなかったお陰で、3回ほどエラー出しました(汗)

パスワードの再設定に、また役所に行かなければならないのかとドキドキしましたけど、何とか申請できたという事実があったのはナイショです。

まとめ

マイナポイントを楽天からアプリ経由で申し込みしたら意外に簡単で楽天会員はお得だと思いました。

楽天カードでの支払いが毎月20,000円を超えるならば、5,000ポイントの獲得はほぼ間違いありません。

マイナポイントの配布は予算があると書かれているので、いつ終了と言われても良いように早めに手続きしましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!