ネスカフェアプリがBluetoothでペアリングせず困っている記事が多過ぎて解決策は根性と運だった?

もうワケがわからない状況とは、きっとこういうことを言うのでしょう。

我が家にはバリスタアイがあります。

ちょっと古い型式とは思いますが、Bluetoothでアプリと繋がって、好みのコーヒーに調整したり、ポイント集めて交換したり、恩恵に預かろうとしたわけです。

ところが、目の前にあるバリスタを検索できないという、まさかのエラーに2日間ほど奮闘しました。

ネットで検索すると、似たような事例がわんさか出てくるではありませんか。

そこで今回は、不具合や解決策について、書いてみたいと思います。

ネスカフェアプリ

ネスカフェアプリは、Google Play ストア、たまはApp Store からダウンロードできます。

「ネスカフェ」とでも入力すれば、検索結果の先頭に現れます。

ダウンロードはすんなりとクリアし、会員登録も順調におわってログインが可能となったところまでは、何の問題もありません。

ネスカフェアプリでできることは、

  1. オリジナルレシピが作れる
  2. 飲むほどにポイント貯まる
  3. 家族や友人とつながる
  4. 様々な便利機能
  5. カフェ検索機能

という5つです。

Bluetoothで繋がると「オリジナルレシピが作れる」「飲むほどにポイント貯まる」ことについては、非常にお得です。

広告

Bluetooth接続エラー

とにかく簡単には繋がってもらえないと考えた方がよさそうです。

Bluetoothのペアリングは、そんな難しくないはずなのですが、10回以上試してようやく接続できたときは、脱力しましたね(汗)

エラー表示された原因は大きく3つです。

  1. スマホ側のBluetoothをオンにしていなかった
  2. 位置情報の許可をしなかった
  3. 単純にバリスタを検索できなかった

1と2については、こちらの落ち度と認めましょう。

ただ納得できなかったのは、位置情報がなぜ必要なのかというところでしたが、これは前述したアプリでできることの3番(家族や友人とつながる)と5番(カフェ検索機能)のためです。

ところが、この位置情報、スマホ側の位置情報とアプリ側の位置情報があることに気付きます。

アプリ側の位置情報をオンにしておけば問題はありません。

ネスカフェアプリのペアリング方法

気合、執念、根性、運・・・。

どれかです(汗)

もうね、ホントわかりませんよ、ペアリングできた原因は。

強いて言えば、スマホに関しては、

  • Bluetoothオン
  • 位置情報オン
  • バリスタとの距離10cmほど
  • 手に持たずにテーブルに置いた

これだけで奇跡的に、実に10回以上のトライでなんとかペアリングが成功したのです。

バリスタ側でやったことは、リセット(電源ボタンとアイスボタンの同時押し)を実行したぐらいです。

広告

ネスカフェアプリからのコーヒーの淹れ方

めちゃめちゃ簡単です。

バリスタにカップをセットした後は、アプリを立ち上げてコーヒーというメニューを選択して、「淹れる」というボタンを押すだけです。

バリスタへの電源は自動的に入りますので、ただ、抽出を待つのみというシンプル操作になります。

ポイントの集め方

1杯淹れるごとに10ptが加算されます。

またカートリッジに記載されているQRコードを読み取れば、100pt以上が加算されます。

溜まったポイントは商品との交換が可能です。

まとめ

「ネスカフェアプリがBluetoothでペアリングせず困っている記事が多過ぎて解決策は根性と運だった?」というテーマで、運頼みを久しぶりに体験しました。

テクニカルなことではなく、ひたすらペアリングを試みるという力技(汗)

一旦、繋がれば、ひと安心ということを願いたいものです。

ただ、それまで蓄積されていたコーヒー抽出によるポイントを、一気に1500pt頂けました。

もっと蓄積があれば、連日、1日の獲得上限である1500ptを頂ける可能性も・・・。

そんな美味い話は無いとは思いますが、期待してみます。

参考になったらシェアしてくださいね!