しゃちほこトピックス > 生活知恵袋 > 【マイホームを注文住宅で建てる秘訣】つなぎ融資可能なネット銀行を探る

【マイホームを注文住宅で建てる秘訣】つなぎ融資可能なネット銀行を探る

マイホーム信仰は根強いものがありますが、購入方法としては、新築なら、

  • 注文住宅
  • 建売住宅
  • 分譲住宅

があります。

さらに中古住宅も視野に入れると、購入後、

  • そのまま居住
  • リフォームして居住
  • 建て替え居住

という選択肢も検討の余地があります。

また、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どの業者を選ぶかも肝心ですが、もっとも注意すべきは注文住宅の「つなぎ融資」です。

今回は注文住宅とつなぎ融資の関係について簡単に説明します。

つなぎ融資とは

そもそもマイホームの購入においては金融機関からの融資、いわゆる住宅ローンを利用するケースが多いですが、原則として、建物が完成して引き渡しの時点で融資は実行されるものです。

注文住宅は、土地を購入した後に住宅の設計がスタートするスケジュールが一般的ではありますが、前述したように土地の購入には住宅ローンは使えません。

ゆえに土地購入は、

  • 自己資金で購入
  • 一時的な融資に頼る

のどちらかとなります。

自己資金は住宅ローンの頭金にしたい場合、土地購入のほか、着手金や上棟金などの諸費用を含めて一時的に金融機関からの融資に頼ることになり、これが「つなぎ融資」に相当します。

つなぎ融資も住宅ローンの一部ではありますが、土地の取得など用途が限定されているので注意が必要です。

つなぎ融資の後に住宅ローンが実行される構図になるので、資金やローンの返済については十分に検討しなければなりません。

つなぎ融資のあるネット銀行

ざっくりと調べてみると、つなぎ融資、または他社のつなぎ融資を新規借入に含めての申し込みの対応があるのは、

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • SBIネット銀行

があります。

時間をかければ、まだ見つかるかもしれませんが、この3行を知っていれば、十分な情報は得られるでしょう。

ネット銀行の魅力は低金利であることです。

そのほか手数料、融資実行条件などは公式サイトでご確認ください。

また、建築を依頼する業者にも、ネット銀行のつなぎ融資利用の条件を確認することもおすすめします。

ネット銀行と建築業者の提携

なぜ、「建築を依頼する業者にも、ネット銀行のつなぎ融資利用の条件を確認すること」と書いたのか。

ハウスメーカーや工務店、設計事務所などは、提携や協力関係で金融機関、もしくは担当者との繋がりがあります。

普段から付き合いのある銀行や担当者だと住宅ローンやつなぎ融資に関して、ある程度の情報共有もあり、手続きも審査もスムーズに運ぶことが予想されます。

ところがネット銀行となると、意外にも繋がりが無いケースもあるわけです。

無店舗ですから特定の担当者もいません。

ゆえにハードルが高くなる可能性も否定できないのです。

低金利が魅力的なネット銀行ではありますが、肝心の「人」との繋がりがないために、自力で手続きや審査に挑まなければならない可能性が大きくなります。

この辺が隠れたリスクと言っても良いでしょう。

まとめ

「【マイホームを注文住宅で建てる秘訣】つなぎ融資可能なネット銀行を探る」というテーマで、少々わかりにくさがある「つなぎ融資」についてシェアしました。

ネット銀行でも取り扱いのあるローンではありますが、用途などの制限、建築業者側との繋がりなどに不安が残ります。

しかし低金利が何よりも魅力なネット銀行ですから、自分が動くことになってでも利用したい場合は、時間の確保なども必要です。

参考

つなぎローン – 新規お借り入れ|住宅ローン|楽天銀行

参考になったらシェアしてくださいね!