付き合いたてカップルが交わすとますます仲が深まるLINEの内容とメッセ頻度

付き合いたてのカップルを見ていると、初々しくて、こちらまで恥ずかしいやら何とも居たたまれない感じになります。

当の本人らは、ふたりの世界に、時間の経過とともに没頭していくことでしょう。

さて、そんな付き合いたてのカップルは、いったい、どういう話題をLINEなどで交わしているのか気になるところです。

しかし「どんな話しをしているの?」なんて聞くのは野暮というもの。

下手すると嫌われます。

令和時代のカップルのLINE事情について、いろいろと調べてみました。

昭和のアベック

昔はカップルではなく「アベック」と言っていました。

違いはわかりませんが、なんとなく「アベック」はダサいですね・・・。

どちらかと言えば野球用語(アベックホームランなど)としての印象を持つ人もいることでしょう。

昭和のカップルの通信手段は、

  • 文通
  • 公衆電話(かつて10円で3分会話できた)
  • ポケットベル
  • ガラケー
  • PHS

などでした。

爆発的に流行ったのは、ポケベル、ケータイ、ピッチ(PHS)です。

ケータイとPHSの違いは、ケータイが有線通信(電話線)だったことに対して、PHSは無線がベースの電話でした。

そのため企業内コードレス携帯電話として使われてもいたのです。

ポケベルは言わずもがなですね。

広告

LINEで盛り上がる話題

付き合いたてのカップルならば、どんな話題でも盛り上がります。

しかし月日が経つと、かつては楽しかった会話が、次第に苦痛になったりすることもあるので、頻繁にLINEで通じ合っていることも考えものです。

特に同じ年齢でも学生と社会人だと状況がまるで異なるため、なかなかコミュニケーションを取れる時間帯などもスレ違いの原因となるでしょう。

今なら盛り上がる話題としては、若い人なら、

  • SNSでの情報や動画
  • 遊びに関する話題
  • 学校や会社でもできごと

が多いかと。

社会人となると、

  • 上司や同僚の愚痴
  • 仕事への不満
  • 親との不仲の相談
  • 旅行の計画

など、少し傾向が変わります。

長続きするカップルのLINE

付き合って早々に別れるカップルもいれば、何年も一緒にいるカップルもいます。

長く続いているカップルほど、実はLINEの内容は淡泊だったりします。

対面で話すことを重視している傾向も見えますが、普段から、相手の立場に立って物事を考えていれば、お互いに離れる気持ちは沸かないものです。

特に既読無視についての追及など、お互いが自分の都合ばかり考えていては、相性が悪くなっていきます。

相手に対しての批判やネガティブな物言いは厳禁。

そもそもLINEがなければ生きていけない、なんていうスタンスだと、LINEが人生で一番と宣言しているようなものですから、愛想を付かされるのは時間の問題なのです。

あと、お互いに親しき中にも礼儀ありの精神が備わっており、彼氏彼女だから思い通りに動いてくれる、なんて邪な考えは一切ないカップルは、いつまでも仲が良い傾向にあります。

メッセの頻度も少ないぐらいです。

広告

まとめ

「付き合いたてカップルが交わすとますます仲が深まるLINEの内容とメッセ頻度」について言及しました。

LINEはあくまでもツールです。

ツールに振り回されているようでは、カップルとしての根幹がズレてくるのは当たり前。

親しさとは「なれあい」とは違います。

キーワードは「尊重」です。

参考になったらシェアしてくださいね!