老化しない人を目指す老けないための生活術 若見えする人は知っている老化の仕組みとは?

同じ歳なのに同世代より明らかに若く見える人っていますよね。年を経てくると、その差は10歳くらい違って見えたり、いえいえい、20歳くらいは違うかもって人も。そういった人は、何がどう違うのでしょうか。実は老けないのには理由があったのです。

老けない人の特徴

若見えする人は老化のスピードが遅い人です。老化のスピードが遅いということですから、結果的に長生きもします。

そんな長生きする人と一般的な人との違いはないかというと、体内で起きている炎症のレベルにあります。

つまり、若見えする人は、体内で起こる慢性的な炎症を抑えることに成功しているわけです。

では、どうすれば体内の慢性的な炎症を抑えることができるのでしょうか。

その前に、老化の仕組みについて見てみましょう。

広告

老化の仕組み

体内で炎症が起こると、活性酸素が発生します。

活性酸素によりDNAは傷つけられます。

DNAが傷つくと、テロメアの短縮が進みます。

※テロメアとは、染色体の末端にある特定の塩基配列の反復とタンパク質から成る構造物で、加齢と共に細胞が分裂し、テロメアは短くなっていきます。

テロメアが短縮するということは、老化が進むということです。

つまり、体内での炎症がテロメアの短縮につながり、結果的に老化が進むというわけです。

更に悪いことに、細胞の老化が始まると、慢性的な炎症が起こり、組織の再生が抑えられてしまうことで、老化が加速してくのだそうです。

老化を抑えるには炎症を減らすこと

では、老化を防ぐには、体内での炎症を極力減らせばいいわけです。

そのためにできることとして、何があるでしょうか。

それは、主に次の項目があげられます。

  • 糖質の摂り過ぎを極力抑える
  • たっぷりと眠る(7~9時間)
  • ストレスを貯めない

特に糖質の摂りすぎは、炎症を起こす以外にも、がんや骨の老化、アルツハイマーの進行、血管の劣化など、さまざまな要因を引き起こす要注意物質です。

甘いものの摂りすぎには、若いうちから十分に気を付けてください。

また、

  • タバコを吸う
  • 健康に悪い食習慣
  • お酒の飲みすぎ
  • 運動不足
  • 肥満

などの生活習慣も、慢性的な炎症化につながります。

なので、極力これらからの生活習慣を避けるよう気を付けてください。

広告

炎症を消す食べ物について

炎症を消す食べ物には、

  • 野菜:ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、人参、オクラ、モロヘイヤ、トマトなど
  • 果物:りんご、オレンジ、キウイ、ブルーベリー、アボカド、さくらんぼ、イチゴなど
  • マグロ、いわし、鮭
  • きのこ類
  • まめ・ナッツ類
  • 海藻類
  • 全粒穀物
  • オリーブオイル

などがあげられます。

特に食物繊維が豊富な食材を意識的に食べることがおすすめです。

食物繊維はダイエット効果もあるので、慢性的な炎症を起こす肥満状態からの脱却も図れます。

まとめ

老化しない人を目指すことは、健康でい続けることにもつながります。

結局、人が健康でい続けるための生活習慣は、いずれも同じ結論に至るように思います。

シンプルに言うと、

  1. 食事に気をつける
  2. 睡眠をしっかりとる
  3. 適度な運動を行う
  4. ストレスを貯めない
  5. 肥満にならないように注意
  6. アルコールの飲みすぎに注意
  7. タバコは吸わない

以上の7つの点に気を付けて生活をすれば、病気になりにくく、いつまでも若々しく生きていけるわけです。

悪しき習慣が身についてしまっている方は、一気に解消するのは難しいと思いますので、できそうなところから1つずつ改善していってくださいね。

参考になったらシェアしてくださいね!