オフィスコーヒーサービスの切り替えタイミングとは!レンタルか買取かも比較

かつての話しのことです。

とあるオフィスにコーヒーサーバーが置いてありました。

そのコーヒーサーバーは、オフィス向けにマシンをレンタルし、定期的に専用のコーヒーも納めるという業者によるサービスです。

いわゆるオフィスコーヒーサービスと言えば良いでしょうか。

導入するときも迷いますが、切り替えるタイミングも悩みどころであり、結局、とあることがきっかけで業者を変えることになりました。

今回は、そんな過去のお話をお伝えします。

オフィスコーヒーサービスの業者

主だったところでは、

  • ダイオーズ
  • ユニマットライフ
  • エームサービス
  • ネスレ

などがあります。

どれも特徴があって、オフィスの憩いの場にはうってつけです。

ただ、イメージとは裏腹に、代理店だとサービスにバラツキがあるようなので、その辺は注意が必要になります。

広告

オフィスコーヒーサービスの種類

オフィスコーヒサービスには、

  • マシン設置(レンタルまたはリース契約)
  • 自販機設置
  • 購入型(マシンまたは業務用インスタントコーヒーの買取)

と大きく3パターンあります。

マシン設置の場合は、コーヒーマシンをレンタルまたはリース契約して、メンテナンスやコーヒーの在庫確認も定期的に業者さんが行なうパターンが多くなっています。

いつでも新鮮なコーヒーを飲みたい場合はオススメです。

自動販売機を置くパターンもあります。

とにかく豊富な種類のコーヒーまたはソフトドリンクが飲めるので、人数が多い場合はメリットが多いです。

また砂糖、クリーム、コーヒーの濃さが選べる機種だと、自分の好みのコーヒーを飲むことができます。

電気代は負担しますが、紙コップの補充などは業者さんに任せられます。

最後は買取パターンですが、額面のコスパは良い反面、維持管理は自ら行う必要があるため、天秤にかけて判断する必要があります。

オプションについては業者さん次第だったり、代理店さん独自のサービスなどもあるので、都度、問い合わせをしてください。

オフィスコーヒーの切り替え時期

オフィスの人数が増えたり、コーヒーの種類に飽きたりする場合は、切り替えのタイミングと見て良いです。

代理店と契約している場合は、レアケースとしてスタッフの異動が頻繁に起こって、まともにサービスを維持できないということもありました。

  • 定期メンテナンスを無断ですっ飛ばす
  • ほぼ毎月担当が変わる
  • 電話を受けた人と営業担当の情報共有ができていない

これだと業者を変えるしかありません。

それでも契約保全のために、何かと理由をつけては契約解除を防ごうとしてくるのには閉口しました。

広告

オフィスコーヒーのメリット

今さら言うのも何ですが、主なメリットは、

  • リフレッシュできる
  • カフェインによる集中力の維持
  • コミュニケーションのきっかけとなる空間
  • おいしくコーヒーが飲める
  • 季節によってアイスも楽しめる
  • 種類が豊富だと何となくうれしい
  • 無料または格安で飲める

という点が挙げられます。

福利厚生としての一環として導入されると従業員の士気も上るでしょう。

まとめ

「オフィスコーヒーサービスの切り替えタイミングとは!レンタルか買取かも比較」というテーマで過去の経験を踏まえて書きました。

マシンによっては酸化が早いものがあるので、できるだけ酸化しにくい仕様を選ぶと良いです。

少し割高になるかもしれませんが、不味いコーヒーは飲めたものではありません(汗)

なるべくならば、1杯ずつ抽出するタイプがベストです。

参考になったらシェアしてくださいね!