ネットでお店を開くなら本当にBASE?アマゾンとショッピファイと手数料の違いを比較

オンイランショップ

元SMAPの香取慎吾さんのCMが耳に残ります。

♪ネットでお店を開くなら~ ベ・イッ・ス!

副業でネットショップをやってみたい人もいると思います。

どのプラットフォームで開業しようか迷っている人は、恐らくCM効果でBASEを選んでしまうだろうと予想されますが、果たして最善の選択なのでしょうか?

そこでネットショップ開業に最適なプラットフォームをいくつか挙げて、手数料や開業までの難易度などを比較してみました。

ネットショップ開業サービス

ネットショップ開業のハードルは随分と下がりました。

ただし、どういう店舗形態で運営するかを決めなくてはなりません。

モールに出店

楽天市場やAmazonが代表的な出店スタイルです。

つまり店子ですね。

イメージとしてはビルの中のテナントです。

メリットは既に見込み客がウヨウヨと集まっていることです。
デメリットは出店の手数料を徴収されることですね。

自社サイト

ネット上の自分だけの店舗を持つスタイルです。
好きなように経営することができます。

BASEがこちらのタイプですね。

メリットは無料で自社サイトを出店できること。
デメリットは集客です。

広告

手数料の比較

Amazon(米国)、ショッピファイ(カナダ)、BASE(日本)の手数料を比較してみます。

Amazon

月額4,900円の大口出品と言われるサービスが売りです。
毎月49点以上の商品を販売するなら断然、大口出品で契約しましょう。

小口出品は毎月49点以下の商品販売と制限があるため、個人で初めてスタートする場合は、お試しとして契約がおすすめです。

手数料は、

  • 大口出品:月額4,900円+販売手数料(8%~15%)
  • 小口出品:商品ごとに100円+販売手数料(8%~15%)

となっています。

ショッピファイ

無料で14日間使用可能。

出品プランは4つで、

  1. Shopifyライト:月額9ドル
  2. ベーシック:月額29ドル
  3. スタンダード:月額79ドル
  4. プレミアム:月額299ドル

です。

ドルは米ドルなんですよね、カナダ発祥なのに。)

手数料に関しては、国内のオンラインクレジットカードの場合、

  • Shopifyライト:2.4%~
  • ベーシック:3.4%
  • スタンダード:3.3%
  • プレミアム:3.25%

です。

BASE

国内で急成長中のBASEの販売手数料は、3.6%+40円にサービス利用料3%です。

送料にも決済手数料がかかるところが、とごまで利益に影響するかがポイントですね。

まとめ

個人の副業としてオンラインショップを立ち上げるのなら、BASEかショッピファイのライトですかね。

どちらもスタートして使い勝手や集客力を比較してみるのも良いでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!