化粧品の成分表示の順番 医薬部外品の表示指定成分とは 表示しなくてもよい成分もあるの?

最近は個人でも化粧品を開発できるようになり、個人輸入などによる化粧品の販売も増えています。化粧品を流通させるには、成分表示が不可欠です。ここでは、化粧品の成分表示の順番や成分表示のルールについてお伝えします。また、化粧品と医薬部外品の成分表示のルールの違いなどについても説明していきます。

全成分表示とは?

2001年4月の規制緩和により、化粧品の承認制度が廃止され、各メーカーの責任において自由に化粧品を製造できるようになりました。

それに伴い、「化粧品」に含まれる全成分の名称をパッケージなどに表示する「全成分表示」が義務づけられました。

広告

表示指定成分とは?

「表示指定成分」とは、「医薬部外品(薬用化粧品)」に表示するように義務づけられているものです。 過去にアレルギー反応などが報告されたことのある成分だけを表示することになっています。

現在、表示指定成分としてリストアップされた102種類に、香料を加えた103種類が指定され、いずれかを含んでいる場合のみ表示します。

医薬部外品(薬用化粧品)では全成分表示が義務化されていませんが、日本化粧品工業連合会など自主基準で表示を行っているものもあります。

化粧品に全成分表示が必要な理由

医薬部外品(薬用化粧品)では、製造・販売するにあたり「製造販売承認」が必要ですが、化粧品を製造・販売する場合は規制が緩やかになり、「製造販売届」を提出するだけで承認を受ける必要はありません。

そのため、消費者の安全を確保するためにも、化粧品兄は全成分表示が義務化されているのです。

広告

全成分表示のルール

化粧品の全成分表示には、以下のようなルールが設けられています。

  • 成分の名称は「化粧品の成分表示名称リスト」等を利用し、邦文名で記載する。
  • 成分名の記載順序は、分量の多い順に記載する。
  • キャリーオーバー成分は表示しなくてよい
  • プレミックスは混合されている成分毎に記載する。
  • 抽出物と溶媒は分けて記載する。
  • 香料の成分は「香料」と表示できる

化粧品の成分表示の順番

化粧品の成分表示の順番について、もう少し詳しく説明すると、順番には以下のようなルールが設けられています。

  • 成分名の記載順序は、分量の多い順に記載する。
  • 使用割合が1%以下の成分は、順不同に記載できる。
  • 着色剤は、着色剤以外の成分を記載した後に、順不同に記載できる。

表示しなくてよい成分もある?

実は表示しなくても良いとされている成分もあります。

それはキャリーオーバー成分と呼ばれる、製品の防腐や脱色防止のためなどに使われている成分です。有効成分として使われていないものに関しては、名称を表示する必要はありません。

また、香料は多成分からできている混合物ですが、これを1つの成分とみなし、「香料」とまとめて表示することが可能です。

「企業が秘密にしたいと思う成分」については、「厚生労働省が許可した場合のみ記載しなくてもよい」という例外ルールもあります。それらは「その他」と記載できることになっていますが、実際のところは申請を認められたケースはほとんどないそうです。

まとめ

「化粧品」には全成分の名称を表示する「全成分表示」が義務づけられていて、成分表示の名称や順番などにルールが定められているので、消費者が自分で確認して選ぶことができるようになっています。

なので購入時には、どういった物が含まれているのか、成分表をよくチェックするようにしてみてください。

「医薬部外品」では、過去にアレルギー反応などが報告されたことのある「表示指定成分」を表示することになっています。

アレルギー体質の方は、パッケージ表示をよく見て、自身のアレルギーに該当する成分が入っていないか、チェックしてから使うようにしてください。

アレルギーは場合によっては呼吸困難を起こすなど、命に関わる副反応が出る場合もありますので、くれぐれもご注意を。

参考になったらシェアしてくださいね!