PCR検査キットを使用した自宅で唾液を採取して郵送するタイプの流れと結果

オミクロン株の増え方が尋常じゃないですね(汗)

同時に朝っぱらからワイドショーで、難しい顔した出演者さんが陽性者数のことや今後の検査体制などのことに触れる毎日に、いささかうんざりしている自分がいます。

その中でもラヴィットだけは安定して明るい話題を提供し続けているので、朝の出勤や仕事始めにはふさわしい番組です。

とは言え、オミクロン株を舐めているわけではなく、ただ、コロナについて煽り気味に伝えられることが「ウンザリ」なだけで、警戒は怠っていません。

その証拠に、昨年は自宅でPCR検査キットを使って、リスク判定をしたことがありました。

その時の流れをシェアしたいと思います。

使用した検査キット

こちらです。

PCR検査キット

この検査キットは、陰性/陽性の判定ではなく、あくまでもリスク判定となっています。

ゆえに検査結果としては「低リスク」「高リスク」のどちらかです。

広告

検査キットの流れ

簡単に言えば、唾液を容器に入れて指定の場所へ郵送するだけです。

数日後にメールで検査結果が通知されます。

  • 緊急で検査したい
  • 陰性か陽性かを知りたい
  • 陰性証明書を発行して欲しい
  • 数時間後に結果を知りたい

このようなニーズに対応するのは難しいですが、低コストで置かれている状況を把握する分には都合が良いです。

結果はこのようになりました。

pcr検査キット 判定結果

但し書きについても挙げておきます。

pcr検査キット 但し書き

PCR検査を自宅で実行する場合

陰性か陽性か、しっかり判定できる検査キットもあります。

しかも陰性証明書の発行もセットで申し込み可能です。

今は、こちらで販売されている検査キットがおすすめです。

PCR検査キット(唾液型)結果証明書付きPCR検査受付センター 名駅店・名駅ハイモデル店

名古屋近郊にお住まいの方は、上記の別ページから来店検査の予約をした方が、特急対応もしてもらえます。

元旦以外は無休です。

がんばってる・・・。

広告

接種証明書と陰性証明書

似たようなものですが、発行元と内容が異なります。

  • 接種証明書:厚生労働省

予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、被接種者からの申請に基づき交付するもの

  • 陰性証明書:検査機関

検査結果証明書の検査結果に「陰性」と書かれたもの

です。

海外渡航・派遣・出張時に証明

接種証明書と陰性証明書は、どちらが必要なのかという話しになりそうですが、個人的には両方を持っておくことがベストな印象です。

接種証明書はデジタル庁がアプリを提供していますから、必要な時にはサッと提示できるように、陰性証明書は求めに応じて紙ベースで持っておくと、どのような場合でも対応できます。

海外渡航だけでなく、派遣による相手先での仕事や出張の際に求められるケースもあります。

派遣や出張で陰性証明書が必要な場合は、会社が費用を負担してくれるので、全く損はありませんよね。

学生さんは・・・自腹かな(汗)

事情があって接種してない場合

コロナワクチンは任意接種ですが、首相官邸ホームページで公表されている接種率は、

  • 1回以上接種者:79.9%
  • 2回以上接種者:78.6%
  • 3回以上接種者:0.9%(※)

です。

※令和3年1月1日現在の住民基本台帳に基づく

事情があって打てなかった人の割合は約2割。

今のところは、打ってない人に対する陰湿ないじめや誹謗中傷の声は聞かれませんが、表立ってないだけで陰口言ってる人は絶対いそう・・・。

ワクチン接種できなかった人は、証明書を求められても堂々と理由を述べるべきです。

陰性証明書があれば、大概はお咎めはないのでは?

まとめ

「PCR検査キットを使用した自宅で唾液を採取して郵送するタイプの流れと結果」というテーマで、PCR検査キットのおすすめや証明書について書きました。

オミクロン株による陽性者数の急増は、確かにびっくりではありますが、それを待ってましたとばかりに、恐怖感や不安感を煽るような情報の伝え方しかしないテレビ番組には辟易します。

作ったような心配顔で話すような姿勢や態度も偽善っぽくてイヤです、具体的な名前は出しませんが・・・。

ともかく、やれるだけのことはやりましょうね。

参考または出典

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書について|厚生労働省

新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ

参考になったらシェアしてくださいね!