アドビプレミアプロで動画編集に必要なPCスペックは? マックとウィンドウズどっちがいい?

普段から動画編集を仕事にしている私が、アドビのプレミアで動画編集する際に必要な最低限のPCスペックについて解説します。また、動画編集にはマックとウィンドウズのどちらがおすすめかもお伝えしますので、参考にしてみてください。

本格的に動画編集するならアドビのプレミア

YouTubeを始め、すっかり私たちの生活に根付いた動画。見るだけでなく、撮ったり、編集したりする人も増えていますよね。

ちょっとした動画の編集なら、スマホのアプリでも大丈夫ですが、もう少しちゃんとやろうとすると、最終的にはアドビ(Adobe)のプレミアプロ(Premilere Pro)に行き着くかと思います。

アドビのプレミアはプロも使用する本格的な動画編集ソフトですが、かといって難しすぎるわけでもなく趣味で編集する場合でも、ちょっと突っ込んだ作業をしたい場合はとても便利です。

私も初めの頃はiMovieを使って編集をしていましたが、今ではすっかりPremiere Pro一択です。

ただ、プレミアは有料なのと、ある程度スペックの高いPCが必要です。そうしないと、途中でPCが固まってしまい、作業どころではありません。

ということで、プレミアを使用する際の最低限クリアしたいPCスペック条件をお伝えします。

広告

プレミアで動画編集する際のPCスペックの条件

プレミアで動画編集する際のPCスペックの最低条件がこちらです。

CPU:Corei7 or Ryzen7以上
メモリ:16GB以上
グラフィックボード:GeForce GTX 1660 SUPER以上
ストレージ容量:SSD 1TB以上 or HDD 2TB以上

ちなみに私の作業機はノートPCで、スペックは、

CPU:Corei7
メモリ:16GB
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 2060
ストレージ容量:SSD 1TB

です。

本当はデスクトップのほうがおすすめですが、持ち運んでの作業が発生するためノートPCを選びましたが、デスクトップも購入したいと考えています。

ただし、4K動画を作業するとなると、もう少しスペックの高いPCが必要です。

CPU:Corei9 or Ryzen9以上
メモリ:64GB
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 3070以上
ストレージ容量:SSD 2TB以上 or HDD 4TB以上

これくらいのスペックのPCを最低でも用意したいところです。

編集時にあるといいディスプレイの条件

アドビのPremiere Proを使用する上での必要なPCスペックは分かったところで、モニター・ディスプレイはどのようなものを選べばよいのでしょうか。

次のスペックをクリアしたモニターをおすすめします。

HDR対応の液晶モニター
画面サイズ:27インチ以上
解像度:フルHD以上(4Kを編集するなら4Kモニターを)
画質:IPS方式

ちなみに、ノートPCオンリーでプレミアの編集はかなりキツいです。15.6インチのノートPCを使用していますが、プレミアの編集時にパレットをたくさん開くため、動画のチェック画面が小さくなり、細部の確認をする上でいちいち拡大する必要があって手間がかかります。

その場合は、27インチ以上のモニターを別途購入し、ノートPCから出力して使用するという方法もあります。その際には机に取り付けて使用するモニターアームがあるととても重宝しますよ

広告

マックとウィンドウズのどっちがおすすめ?

ところで、編集用のPCにはマックとウィンドウズのどちらがいいのでしょうか。

以前はクリエイターはマックと相場が決まっていました。これは動画の編集以前のグラフィック系の頃から言われてきたことです。

というのも、元は、クリエイター必須のアドビのソフトがウインドウズに非対応だったからでもあります。

しかし今ではもちろんアドビのソフトもウインドウズで使用できます。

そしてウインドウズのPCは拡張性も高く、それでいてコスパが優れています。

PCはある程度使用すると買い換える消耗品でもあります。これらの点を総合的に考えると、マックよりウインドウズが良いのではないかと思われます。

ちなみに、現在ではプロの制作現場でも9割がウインドウズPCを使われているそうです。

お金が潤沢にあるのであれば、もちろんマックを選んでも構いません。

プレミアの利用料金

アドビのPremiere Proは有料のソフトです。

Premiere Proは以前は買い切り版がありましたが、現在は月額プランと年額プランとになります。それぞれ価格は次のとおりです。

  • 月間プラン:3,828円
  • 年間プラン:2,398円(一括)、2,728円(月払い)

年間プランにすると、同じ月払いでも1ヵ月あたり1100円ほど安くなりますので、かなりお得ですね。

ただしこれは、アドビソフトの中のPremiere Proしか使用できません。

それでもいいという方は、上記のプランで良いのでしょうが、一般的にはアドビのソフトが全て使用できるAdobeCCコンプリートプランというものがあります。

こちらは、

  • 月間プラン:9,878円
  • 年間プラン:6,028円(一括)、6,248円(月払い)

となっています。

私は年間契約し、月払いのプラン(6,248円)です。

プレミアにはPremiere Proの他に廉価版のPremiere RushやPremiere Elementsという製品もありますが、正直機能面や拡張面を考えるとおすすめできません。

まとめ

Premiere Proで動画編集をしていると、タイトルのサムネイルを作る機会も出てきます。

そうした際は、Illustratorやフォトショップも頻繁に使いますし、たまにPDFを加工するためにAcrobat Proを使うこともあります。

なので、私の場合はPremiere Pro単品での契約はありえません。

もちろんすべてのアドビのソフトを使い切ることもありませんが、それでもプレミア以外のソフトも使うので、CCコンプリートプランを契約しています。

以上、動画編集を少し本格的にやろうと思った際に気になるであろうことをまとめました。

動画の編集ができると副業にも困らないと思います。

興味のある方は、動画編集環境を整えて、チャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!