プールウォーキングで痩せないのはなぜ?痩せる方法とは

プールウォーキングを続けているのに、なぜか一向に痩せない。その理由ははなぜなのでしょうか?それはやり方が間違っているからです。プールウォーキングで痩せる正しい方法とは?

プールウォーキングで痩せない理由とは?

プールウォーキングは水の中で体を動かすから、普段よりも負荷がかかる分、消費カロリーも増えて痩せる!

そういったダイエット目的でプールウォーキングをしている人も多いことでしょう。

でも続けているのになかなか痩せない!という声も聞こえてきます。

また、一方では痩せた!という声も。

では、プールウォーキングで痩せない人には、どういった理由があるのでしょうか?

広告

プールウォーキングの効果的なやり方

プールでのウォーキングは、水の中のため浮力が働き、足腰に負荷がかかりにくく、中高年の方には人気の運動です。

その反面、自宅で気軽に行えるわけではなく、プールまで行かないといけないわけですから、ちっとも痩せないとモチベーションも下がってしまいますよね。

プールウォーキングは言うなれば有酸素運動です。

有酸素運動が脂肪を燃やし始めるには20分以上経過するころからです。

なので、1回のプールウォーキングは、最低でも20分以上続けないと意味がないのです。

また、有酸素運動だけで痩せるのはなかなか根気がいります。

プールウォーキングでダイエット効果を加速させる方法

ジョギングなどの有酸素運動もそうですが、有酸素運動だけでは劇的には痩せません。

コツとしては、有酸素運動前に筋トレをすることです。

筋トレをした後に、プールウォーキングをするようにしてみてください。

きっと痩せ始めると思いますよ。

泳げる人は、泳ぎとウォーキングを織り交ぜながら行うのも効果的です。

泳いで疲れたらウォーキング、また体力が回復したら泳いで、と繰り返します。

毎日やる必要はありません。週に1、2回でOKです。

広告

気を付けたい、運動後の食事

あと注意したいのが、運動後の食事です。

運動後はとてもお腹がすきます。

この時に消費したカロリー以上に食べてしまうと、せっかくの運動が台無しです。

運動後に食事をとる場合は、カロリーを少し気にしてメニューを選ぶようにしてくださいね。

また、牛乳やヨーグルト、チーズ、スキムミルクなど、たんぱく質やカルシウムを補給すると筋肉ができます。

脂肪が筋肉に代わると体は締まって見えますし、筋力がアップするとフットワークも軽くなります。

加齢とともに筋力は落ちますので、運動後の食事には筋力アップに効果的なものを取るのもいいかもしれませんね。

その他のプールウォーキングの効果とメリット

足腰に負荷をあまりかけずに全身運動ができるプールウォーキングですが、ダイエット以外にはどんな効果やメリットがあるのでしょうか。

プールウォーキングはしっかりと呼吸しながら歩くことで、心肺機能の強化を図ることができます。

また、水の中で軽く前傾姿勢をとりながらウォーキングをすることで、腹筋が鍛えられて腰痛予防にもつながります。

ジョギングや普通のウォーキングに比べ、水の中だとなぜか歩くだけでも楽しいから不思議です。

楽しいことは長続きする秘訣でもあるので、興味のある方はぜひ有事やパートナーを誘ってプールウォーキングを始めてみてください。

まとめ

人間にはいわゆる寿命のほかに、健康寿命というものがあります。

健康的に日常を過ごすことができる寿命という意味です。

この健康寿命をいかに伸ばすかがとても大切です。

そのためには食事と運動と睡眠のバランスが大事です。

特に運動は習慣化してしまえば、そう続けることは難しくありません。

ぜひ、早い段階で運動の習慣化を目指して、健康寿命をぜひとも伸ばしてください。

参考になったらシェアしてくださいね!