健康診断前の電子タバコやアルコール、サプリメントなどに関するルールと検査への影響について

多くの方が毎年受けている健康診断ですが、正しい検査結果を得るためには、健康診断の前日と当日の過ごし方にいくつかのルールがあります。ここでは、健康診断前の電子タバコやアルコール、食事やサプリメントなどに関するルールと、検査結果への影響について解説します。

健康診断前の食事

健康診断前日の食事は、午前受診の場合は21時ごろまでに夕食をすませるよう呼びかけられています。

午後受診の場合は、前日の夕食時間について制限を設けていない医療施設がほとんどです。

食事は胃の検査と血液の検査に影響するため、前日の食事は消化のよい食事が望ましいとされています。

脂質の多いものなどを食べ過ぎると、中性脂肪の数値が高くなります。しかし、あまり意識しすぎず、普段通りの食事をしたほうが、現在の身体の状態を正確に把握することができるかもしれません。

ただし、ヨーグルトやチーズなどの乳製品は胃の粘膜を覆うため、レントゲン撮影に影響する可能性があります。胃部X線検査を受ける場合は摂取を控えましょう。

健康診断当日は、午前受診の場合、検査の2時間前までにコップ1~2杯程度の水を飲むことができます。

コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲料や、ジュースなどの糖分を含む飲料、牛乳やカフェオレといった乳製品を含む飲料などは、検査の値に影響する可能性があるので避けましょう。

空腹を避けるためにガムやアメで紛らわすのもNGです。

午後受診の場合は、午前7時ごろまでなら軽い食事を摂ってもよいとする医療施設がほとんどのようです。

広告

健康診断前のアルコール

多くの医療施設では健康診断前の前日は禁酒としています。

健康診断の前日にお酒を飲んだ場合、血中のアルコール濃度が高い状態で健康診断を受けることになります。その場合、血液検査の肝機能や中性脂肪、血糖、尿酸などの数値に影響が出る可能性が高まります。

また、アルコールの代謝には個人差があるので、自身の年齢や体質などを考慮し、数日前から飲酒量を調整するようにしましょう。

前日にうっかり飲酒してしまった場合は、健康診断の前に申告するようにしてください。

健康診断前の電子タバコ

健康診断当日の検査前は、喫煙はもちろん電子タバコもNGです。健康診断の前日もタバコを吸わないことが推奨されています。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、血圧検査、血液検査、心電図検査などに影響が出る可能性があるからです。

また、胃部X線検査がある場合、喫煙を行うとX線画像がきちんと撮れない可能性もあります。正しい検査結果を得るためにも、検査前のタバコは控えてください。

広告

健康診断前の薬やサプリメント

医師から毎日飲むように指示されている薬は、前日までは通常通り服用しても問題ありません。

健康診断当日の朝に飲む薬は、事前にかかりつけ医に確認しておきましょう。

糖尿病の薬などは健康診断前は飲まないように指示されることが多いようです。

高血圧やてんかん、精神安定剤などの薬は、服用を認められることが多いようです。

ビタミン剤やサプリメントは、尿検査の結果に影響を及ぼす可能性があります。

なかでも気を付けたいのが、ビタミンC系のサプリとEPA系のサプリです。

検査の2~3日前から服用を止めることをおすすめします。

健康診断前の運動

健康診断前日の激しい運動は、血液検査で肝機能や腎機能の数値に影響が出る可能性があります。

そのため、運動を日課にしている人の場合でも、注意が必要です。

ジョギングやサイクリングなど、20分以内の軽い有酸素運動なら普段どおりに行っても大丈夫ですが、筋トレは避けてください。

普段運動をしていない人は、軽い運動でも検査に影響しやすいので、普段どおり何もしないようにしましょう。

まとめ

健康診断の目的は、現在の身体の状態を把握することです。

再検査に引っかからないための急場しのぎの対策をしても、なんの意味もありません。

正確な検査データが得られるよう、検査前日も普段の生活と同じように過ごしましょう。

ただし、正しい検査結果を得るためには、診断前のルールを守ることは必要です。

そのためには、健康診断前日の暴飲暴食や当日の喫煙など、注意事項に掲げられていることはよく守って受診するようにしてください。

もしもうっかり注意事項を破ってしまった場合は、受診前に正直に医療施設に申告するようにしましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!