副業プログラマーとして有利な資格を難易度別に紹介!半年後にデビューを目指す

副業プログラマー

ITエンジニアやプログラマーの需要が止まりません。

テレワークへの順応性が高く、将来性も抜群で、さらに高い報酬が望めるというホットな職業でもあります。

厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和3年1月分)」では、情報処理・通信技術者の有効求人数は37,384件(常用・パート含む)です。

ハローワークの集計であり、副業案件の目安にはなりにくいかもしれませんが、プログラマーの副業を紹介する案件は、非常にたくさんあるのが現状です。

副業プログラマーとしてデビューするのは簡単ではありませんが、有利になる資格はありそうです。
どのような資格が必要とされるのか調べてみました。

プログラミング言語でニーズに差

プログラマーを養成する、あるいはプログラミング技術の習得をサポートするサービスが増えましたね。
小学校もプログラミングは必修科目なので、より身近なものになっていくことでしょう。

置いて行かれる存在にならないようにしなければいけません。

さて、副業プログラマーとしてデビューしたいという気概は素晴らしいわけですが、プログラム言語にもニーズがあります。

indeedでプログラミング言語別に求人検索をすると、

  • COBOL 約7,000件
  • BASIC 約1,500件
  • FORTRAN 約1,000件
  • PHP 約30,000件
  • Python 約20,000件

がヒットしました。

実は筆者、プログラミング経験者で、BASIC、FORTRAN、COBOLなら一応の基本は体得しています。
まだCOBOLも含めてイケそうじゃん!!

筆者が経験した言語は、決してトレンドとは言えないものの、COBOLは金融系など渋い分野で必要とされることが多いです。

だけどリモートワークには向かないかなあ・・(汗)
可能性あるなら挑戦したいと思います。

広告

プログラマーとして目指したい資格と難易度

ある程度のスキルを有することを証明する手段としては、資格の取得が最善策です。

独自の製作物もあれば面接では有利になる可能性は高いですが、取得してきたい資格というものはあります。

全般的に活躍したい

  • 基本情報技術者試験 独学取得可
  • 応用情報技術者試験 実務経験有利

Web・AIの分野で活躍したい

  • PHP技術者認定試験 初級・上級あり
  • Python3エンジニア認定試験 初心者向けあり

ゲーム業界に関わりたい

  • Java SE 8 認定資格 初心者から経験者までランク分け
  • Ruby技術者技能検定 技術レベルにより2つから選択

大規模システムに関わりたい

  • C言語プログラミング能力認定試験 1~3級から選択受験

方向性によって資格を取得すると良いです。

ちなみに筆者は「初級シスアド」しかありません(汗)

プログラミング初心者でも副業は可能か

いわゆる未経験者でも受け入れてくれる案件は多数あります。

ですが即戦力が欲しいのは企業側の本音でもあります。
そのギャップを埋めるためには、ともかく経験と勉強がカギです。

先輩社員に食らいついてでも案件を成し遂げる気概がなければ、次は使ってくれないでしょう。

しかし、これは雇われた場合の話。
未経験者が契約に至るには、独自で何らかの製作物を持っていなければ、企業側も技量が計れません。

未熟なものであっても最低1つはオリジナルでコードを書いてみることが肝心です。

広告

まとめ

副業プログラマーとして早くデビューしたいなら、やはりスクールで学ぶことが最善策です。
資格取得もサポートしてくれるスクールなら、より安心です。

スクールで案件を紹介してくれることもあるので、スクール選びも重要です。

独学は厳しいでしょうが、可能性はゼロではありません。
がんばりましょう。

参考になったらシェアしてくださいね!