PTA代行に大手旅行会社が参入!PTAだけじゃなくSSS代行も学校単位の導入で教師負担激減も

公立の小中学校の運営について、度々、外野からワーワー言うとります。

動きがカタツムリやナマケモノよりも遅いからです。

一個人が騒いだところで何も変化は無いですが、文科省含めた教育委員会などの上層部が変化しないのは、何とも腹ただしい。

一応は時代に合わせてやっているのだろうけど、全く伝わってこないわけです。

ゆえに今後も遠慮なくワーワー言っていこうと考えている次第、変なクレーマーにならない程度に(汗)

今回のテーマは待望のPTA代行についてです。

全国の公立小中学校はどんどん代行を利用すべし!

PTA代行の概要

旅行会社の近畿日本ツーリストがPTA代行を始めました。

正式サービス名は「PTA業務アウトソーシングサービス」です。

基本サービスは、

  • 印刷・デザイン
  • Webサイト作成
  • 人材派遣
  • イベント関連
  • 出張授業・学習支援

です。

今後は「グッズ関連」のメニューに視野に置いている様子が伺えます。

グッズ関連は、キャラクター商品の開発とかではなく、記念品向けの名入れ商品。行事や学校生活の思い出を残すオリジナルプリント商品などの受注です。

各メニュー料金は記載されていませんが、問い合わせすると担当者から連絡が入って詳細を詰めていくカタチだと推測します。

一律料金では業務量なども違うでしょうからね。

広告

ツアー会社はPTAサポートに最適

あくまでも個人的な観点ですが、ツアー会社がPTA業務に参入するのは、当然、ありだと考えます。

PTAの活動内容がツアー会社のノウハウでカバーできる部分が多くあるからです。

前述した基本メニューに関しても、

  • 印刷・デザイン:旅行パンフレットで経験豊富
  • Webサイト作成:旅行会社もサイト運営は必須
  • 人材派遣:添乗員や後方支援の事務スタッフ
  • イベント関連:旅行自体が一大イベント
  • 出張授業・学習支援:実は教育系講座など手掛けている

という具合で、ひょっとすると現場教師よりも場数を踏んでいる人がゴロゴロいる可能性は高いかもしれません。

客観的に、運営のプロ集団と烏合の衆では、どちらが総合的に判断して良い活動やサポートが得られるかという話です。

仮に近畿日本ツーリストの力を借りたとしても、保護者の中でPTA活動を望む人がいれば一緒にやったってよいではありませんか。

SSSも代行業に一括委託

PTAでの実績がある程度積み上がれば、ひょっとするとSSSの方面でも参入してくる可能性は高い気がします。

多分、虎視眈々と狙っている企業はあると思いますよ。

先日もSSSへの予算を倍増するということを取り上げましたし、将来的には、企業がSSSの一括委託を受けるサービスが当たり前になることを期待したいところです。

1校あたりにSSSが1人や2人ほど常駐したところで、意味は無いですって。

エリア内の数校で1企業が一括委託を受けた方が合理的な気がします。

もちろん近畿日本ツーリストも、その資格は十分に備わっていると思います。

ともかく内輪で何とかしようって考え方から脱却しないと、誰も教師になりたがらないですし、職業として全く魅力のないものになっちゃいます。

ちなみにSSSとは「スクール・サポート・スタッフ」の略称で、教師の事務仕事を主に引き受ける方たちのことです。

とにかく学校は相変わらずの紙社会ですから、印刷や配布、仕訳などの負担だけでも多くの時間がとられています。

広告

まとめ

「PTA代行に大手旅行会社が参入!PTAだけじゃなくSSS代行も学校単位の導入で教師負担激減も」というテーマで、近畿日本ツーリストのPTA代行について書きました。

ようやく出てきたかPTA代行って感じがしました。

近畿日本ツーリストも満を持してのサービス提供でしょうが、もう何十年もPTAについてガヤガヤ言われていたのに、学校関係の動きは鈍いまま。

ホントは触れたくないから放置してただけでしょ、学校側もPTAに関しては。

あまりにも地域や保護者との共存というか、きれい事の言い過ぎだし理想に拘り過ぎ。

外部委託できない理由なんて無い。

参照

PTA業務アウトソーシングサービス

参考になったらシェアしてくださいね!