パート辞めたいけど3ヶ月しか働いてないから辞めにくい!短期退職は非常識?

パートの仕事を頑張りたいけど、

  • 求人と違う内容の仕事だった
  • 人間関係が上手く行かない
  • 管理職と折り合いが付かない
  • 家庭の事情と重なって限界

というような理由で、すぐにでも辞めたい状況になるのは、おかしなことではありません。

職場なんて、そもそも「ブラックボックス」です。

求人票に書かれる会社の雰囲気なんて、文字で表現できるものではありません。

もしパートを3ヵ月ぐらいで辞めたい、辞めるとなるのは非常識でしょうか。

今回は仕事や職場の見切りについて独自の見解をお伝えしたいと思います。

辞める権利は持っている

これも世間体というものでしょうか。

パートを3ヵ月で辞めたいと考えるのは「おかしなこと」だと、誰が決めたのですか?

その他にも無責任な発言、例えば、

  • 3ヵ月では面白味がわからない
  • 慣れない職場だから仕方がない
  • 石の上にも3年という言葉がある
  • 少なくとも1年は経験しないと

といった余計なお世話の言葉は、一切、気にしなくて良いのです。

あなたには「辞める権利」が与えられているわけですからね。

世間体など関係ありません。

広告

3ヵ月で見限ったと考える

仮に「3ヵ月では面白味がわからない」といった風なことを言われたとしましょう。

しかし、あなたは辞めたいわけです。

考え方によっては、あなたはわずか3ヵ月でパート先を見限ることができたとも言えます。

  • これ以上働いても辛いだけ
  • やりがいや魅力を感じられない

そう結論付けたわけですから、さっさと退職して、新しい職場を探しましょう。

たまたま折り合いが悪かっただけです。

同業他社でも自分に居心地の良い職場というのは必ずあります。

もう我慢や忍耐を武器に働く時代ではありませんよ。

ただつらい仕事に価値はない

「私たちはきつい仕事でもがんばってきた!」

したり顔で言い放つのは古い世代と相場が決まっています。

パートでも社長に見染めてもらったら社員への道が開かれる、なんて、いまだに「頭がお花畑」な人もいるのです。

まったく組織の論理を理解していません。

人を雇う側に立ったことが無い人ほど、経営の観点からモノが言えないですから、「雇われ続けるための極意」しか伝えることができないわけです。

つらい仕事を続けたところで、後世に伝えられるのは、シンドイ仕事の続け方ぐらいなもので、その仕事の価値や大局観などは伝わってきません。

つらい仕事は心身を病むだけです。

広告

3ヵ月でパートを辞めても構わない

結論から言えば、誰にも迷惑が掛からないので、3ヵ月でパートを辞めても構いません。

ただし、働き始める前にはっきりと伝えておくことが肝心です、3ヵ月は試用期間のつもりでやります、などと。

その後に、最終的な意思決定と合意のもとで正規のパート契約というステップがあれば、まさしく誰にも迷惑がかかりません。

ところが、そんな面倒な契約はしないですよね、日本という国は。

では、3ヵ月ではパートは辞められないのか?

そんなことはありません。

多少の小言や嫌味を言われるかもしれませんが、まさに、そんな風な態度の管理職がいる職場は、さっさと辞めましょう。

年齢がネックで辞められない場合

40代後半や50代ともなると、年齢がネックとなって新しい職場が見つかりそうにないから、今の仕事を辞められないということも想定できます。

若いうちは何とでもなります・・・というのはウソ。

年齢で仕事の力量は測れませんし、例え40代や50代であっても、パートの仕事はたくさんあります。

特に飲食業界や介護業界は慢性的な人手不足です。

新しいジャンルにチャレンジする機会はありますよ。

まとめ

「パート辞めたいけど3ヶ月しか働いてないから辞めにくい!短期退職は非常識?」というテーマで独自見解を述べました。

結論からすると、3ヵ月で辞めたって、後ろ指を差される筋合いはありません。

その職場に残っている人から、自分がどう思われるかに悩むよりも、

これからの自分を活かせられるか
魅力、やりがい、納得できる収入を得られるか

ということの答えが出せそうな職場を見つけることに、思考を切り替えるべきです。

参考になったらシェアしてくださいね!